MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

SDN48による“助手席に乗せたいメンバーNo.1”決定戦!!『ドライブ・アングリー3D』 .

AKB48のお姉さんグループSDN48が、“助手席に乗せたいメンバーNo.1”決定戦に参戦!!
“偽カップ暴露”や“なでしこユニフォームの早着替え”、さらには“セクシー誘惑ポーズ”や“ドライブ漫談”など、過激なアピールが続出!!
ハリウッドのトップスターに君臨するニコラス・ケイジが、初の本格的3Dアクションに挑戦した『ドライブ・アングリー3D』の公開を記念して、AKB48の姉妹グループ:SDN48がカーアクション満載の本作に合わせ、“助手席に乗せたいメンバーNo.1”決定戦を実施!
日本中の注目を集めたAKB48の“総選挙”から約1ヵ月半、ちょっと大人でセクシーなSDN48のメンバーが壮絶な自己アピール合戦を繰り広げました。
限られた時間の中、芹那がドライブ中に歌ってあげると新曲の「MIN・MIN・MIN」を歌ったり、KONANがなでしこジャパンのユニフォームから早着替えを披露するなど、SDN48の魅力の一つであるセクシーさをアピールするメンバーが多いなか、津田がドライブ中の漫談を披露するという、一風変わった自己アピールも飛び出しました。
さらにはタイムオーバーしてしまうメンバーや、KONANがヌーブラを2枚重ねた“偽カップ”なことも暴露されるなど、会場はセクシーで個性溢れるアピールタイムに大盛り上がり!


審査員には、AKB48劇場の支配人ならぬ、本作の上映劇場であるTOHOシネマズ番組編成室の溝口さんが登場し、“助手席に乗せたいメンバーNo.1”を発表しました。そしてNo.1の座は、見事芹那が獲得!! 続いて、記念撮影でも、センターのシート位置をキープしました。
日時:7月28日(木)
場所:スペースFS汐留
登壇者:SDN48
(小原春香・近藤さや香・佐藤由加理・芹那・木本夕貴・KONAN・たかはしゆい・津田麻莉菜・福田朱子・藤社優美)
司会:徳光正行
Q:映画を観た感想と見所をお聞かせください
芹那さん:とにかく、カーアクションがすごいです! 私もパイパーのように、いきなり連れ去られて、過激なドライブデートがしてみたいです!! この夏、ぜひこの映画を観て、アクティブになって下さい。あんな車を乗り回したい!!!
佐藤さん:ニコラス・ケイジが渋くて、すごくかっこよかったです! フェロモン出しまくりですよ!! あんなお父さんに守ってもらいたいですね(笑)
小原さん:映画に出てくるような、ドライブがしてみたいと思いました。デートにぴったりな作品だと思います。
KONANさん:観れば観るほど、はまりますね。ニコラス・ケイジ演じる、ジョン・ミルトンのミステリアスな雰囲気が魅力的です。
“助手席に乗せたいメンバーNo.1”決定戦では、用意された小道具を駆使しつつ、この夏一番の熱い戦いが繰り広げられました。「皆さん、甲乙付け難く、直前まで誰にするか迷っていました」という審査員の溝口さんより、ドライブ中に歌を歌って応援してくれるという芹那さんが、“助手席に乗せたいメンバーNo.1”に選ばれました。
Q:見事、“助手席に乗せたいメンバーNo.1”に輝いた芹那さんですが、ご感想をお聞かせください
芹那さん:ありがとうございます! うれしいです!! 30秒の自己アピールで、私たちの魅力が沢山伝わったと思います。直前まで、どんなアピールをすればいいのか迷っていましたが、新曲が発売されるので、コレしかない!と思って歌いました。楽しくドライブしたいと思ってがんばったのが、勝因かな。
イベント後に行なわれた囲み取材では、報道陣から「自分の自己アピールに、点数を付けると?」という質問が。藤社さんの最低3点という厳しい結果から、KONANさんの最高200点まで、それぞれが自己アピールを振り返りました。
監督:パトリック・ルシエ『ブラッディ・バレンタイン3D』
出演:ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー、ビリー・バーク
2010年/アメリカ/アメリカンビスタ/ドルビーデジタル/101分/字幕翻訳:岸田恵子
(C)2010 M4 FILMS,INC.
『ドライブ・アングリー3D』
8月6日(土)全国ロードショー
→『ドライブ・アングリー3D』の記事を探す
→ニコラス・ケイジの記事を探す