MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

三浦春馬・榮倉奈々・小西真奈美・井川遥『東京公園』ロカルノ国際映画祭招待決定!

三浦春馬・榮倉奈々・小西真奈美・井川遥が豪華共演
青山真治監督最新作『東京公園』
ロカルノ国際映画祭
<インターナショナル・コンペティション>招待決定!!
現在絶賛公開中の、青山真治監督4年ぶりの長編最新作『東京公園』が、8月3日(水)~13日(土)に開催される、第64回ロカルノ国際映画祭<インターナショナル・コンペティション>部門に招待されることが決定しました。
1946年から毎年、スイス南部のティチーノ州ロカルノで開催されているロカルノ国際映画祭。ヴェネチア国際映画祭に次ぐ長い歴史を誇る、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の映画祭です。


期間中に約300本の作品が上映されますが、グランプリである“金豹賞”の選考対象となるのは<インターナショナル・コンペティション>部門に招待される作品のみ。
日本映画の主な受賞作としては、2004年に市川凖監督『トニー滝谷』が準グランプリとなる“審査員特別賞”をはじめとして3つの賞を受賞。グランプリ“金豹賞”は、1970年に実相寺昭雄監督『無常』と、2007年に小林政広監督『愛の予感』の2作品が受賞。今回、4年ぶりの日本映画による“金豹賞”受賞が大いに期待されています。
カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭など数多くの国際映画祭に招待され、高い評価を得てきた青山真治監督作品がロカルノ国際映画祭へ参加するのは、2000年の『路地へ 中上健次の残したフィルム』、2008年の短編映画『赤ずきん』、2009年に特集上映されたNHK朗読紀行「焼け跡のイエス」以来2年ぶり、4回目となります。
今回、初の<インターナショナル・コンペティション>部門へ招待された青山監督は「こんな世相から離れて、ただのんびりした日本映画を択んでくれるなんて、ただただ嬉しいかぎりです。いまでも海外でこういうものが受け容れられるのだと思うと、非常に勇気づけられます」とコメント。
また、本作で主人公を演じた三浦春馬さんからは「青山監督をはじめ、キャスト、スタッフが織りなす独特の世界観が評価され、選んでいただいたことに、非常に嬉しく思います。観た後に優しい余韻に包まれるこの作品が、もっとたくさんの方に届くことを願っています。」と喜びの声が届けられました。
2000年の『EUREKA ユリイカ』で、カンヌ国際映画祭<国際批評家連盟賞>と<エキュメニック賞>をW受賞するという快挙を成し遂げ、世界的に注目されている青山監督作品。
●『東京公園』概要
カメラマン志望の大学生・光司(三浦春馬)の元に、子供と色々な公園に毎日通う美しい女性(井川遥)を尾行して写真を撮って欲しい、という突然の依頼が舞い込む。受け身がちに生きていた光司はそのことをきっかけに、幼馴染みの富永(榮倉奈々)、義理の姉・美咲(小西真奈美)、そして自分自身とまっすぐに向き合うこととなる…。光あふれる公園を舞台に、優しくも切実な想いが交差する、感動のラブストーリー。
監督・脚本:青山真治(『EUREKA ユリイカ』、『サッド ヴァケイション』
出演:三浦春馬、榮倉奈々、小西真奈美、井川遥
原作:小路幸也『東京公園』(新潮文庫刊)
共同脚本:内田雅章、合田典彦
製作:「東京公園」製作委員会
配給:ショウゲート
(C)2011「東京公園」製作委員会
『東京公園』
新宿バルト9ほか全国順次公開中!
→『東京公園』の記事を探す