MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

“野獣系”K-POPアーティスト・BEASTが参戦! 『シャンハイ』タイアップ楽曲決定!

映画『シャンハイ』韓国・BEASTが参戦!
映画の世界観とBEASTの曲が融合した予告編も近日解禁!
次世代韓国アーティストの大本命「BEAST」がハリウッド映画に参戦!
8月20日(土)全国公開の映画『シャンハイ』に、“野獣系K-POPグループ”として人気を博しているBEAST(ビースト)がイメージソングとして「FICTION オーケストラバージョン」を提供する事が決定しました。
中国、日本、そして韓国、まさにアジアを代表する一大アーティストが集結!
本作は、1941年の太平洋戦争開戦前夜の上海を舞台に国家的陰謀と運命に挑む愛を描いた壮大なスケールのサスペンス超大作-ハリウッドからは、ジョン・キューザック、中国からはコン・リー、チョウ・ユンファ、日本からは、渡辺謙、菊地凛子が出演を果たし、豪華キャストの競演も見どころ。
歴史という激動の波に翻弄されながら本当に大切なものを守り通した、男の強さと優しさが、BEAST(ビースト)が持つイメージと楽曲の美しさが見事に合わさり、本作の予告編(6月25日より一部を除く劇場にて解禁)やテレビスポットなどに使用することとなりました。ハリウッド作品としてアジアの歴史とドラマを描いた本作、日本、中国に続いて韓国の要素を加えることでさらなるアジアの魅力を放つことが期待されます!


イメージソングは日本語で歌い上げる「FICTION オーケストラバージョン」
本作のイメージソングとなるのは、本国韓国にて大ヒット中「FICTION」(地上波KBS「MUSIC BANK」、SBS「人気歌謡」、CSのMnet「M!Countdown」すべて3週連続1位)のオーケストラバージョン。
映画が持つ世界観を共有した美しいバラードに仕上がっている。公開二ヵ月前に迫る本作の予告編製作に間に合わせるために、超多忙なスケジュールの中にも関わらず、納得のいく作品に仕上げるためにレコーディングは深夜までに及んだ。
しかも、その日は、6月14日の日本でのサプライズライブの前夜。日本入りを急きょ当日の朝一のフライトに変更し、ライブに間に合わせた。オリジナルと大きく違うのはジュンヒョンが果敢に挑んだ日本語のラップ。彼自身の解釈でオリジナルと違うリズムで完璧にこなした。
●『シャンハイ』
物語の始まりは、1941年の米国諜報員コナー殺害事件。
上海に降り立った諜報員ポール・ソームズ(ジョン・キューザック)は、親友の仇を討つと決意し、捜査を開始する。事件を目撃したはずのコナーの愛人スミコ(菊地凛子)は、忽然と姿を消していた。
犯人を追いつめるソームズは、上海マフィアのボス・アンソニー・ランティン(チョウ・ユンファ)とその妻アンナ(コン・リー)、彼らの友人である日本軍大佐タナカ(渡辺謙)と知り合う。だが、彼らは互いを欺き合う裏の顔を持っていた。ソームズがアンナと許されない恋に落ちたことから事態は急転、事件は想像を絶する道筋で、あの真珠湾攻撃へとつながっていく。その時、あぶり出されるのは、隠された愛と事件、それぞれの真相だった──。
●『BEAST』
日本デビューシングル「SHOCK」はオリコン週間シングルランキングにおいて日本を除くアジアのグループのデビューシングル史上、初登場最高位である2位を記録した。また、6月15日に発売したセカンドシングル「BAD GIRL」は初登場3位、2作連続TOP3入りを記録。またレコチョクでのランキングでは韓国のアーティストによる史上初となる、デビュー作からの2作連続1位を獲得した。6月14日に新宿で行ったサプライズライブは全くの告知なしにも関わらずファン5000人が集結。“野獣系”K-POPグル―プとして、次世代のトップを走っている。
BEASTからのコメント
SO! BEAST!
日本ではまだ新人である僕たちがこんなに有名な方々が出演する映画『シャンハイ』のイメージソングに参加することになりましてとても嬉しく思っております。
また、日本の大俳優でハリウッドでも活躍をしていらっしゃる、「渡辺謙」さんが出演する映画に、僕たちの曲が使われるということがとても光栄だと思いました。
映画はもちろん、イメージソングである僕たちの「FICTION オーケストラバージョン」も期待してください。
●ストーリー
1941年、太平洋戦争勃発前夜の上海。日本軍占領下の混沌としたこの街に、米国諜報部員ポール(ジョン・キューザック)が降り立つ。
彼の目的は、親友の死の真相究明。調査を進めるにつれ、浮かび上がってきたのは、中国、アメリカ、日本を巡る巨大な陰謀の影と、執拗にポールをつけ狙う日本人将校、タナカ(渡辺 謙)、亡き友が愛した女、スミコ(菊地凛子)ら、謎多き者たちの存在。
そして彼はついに、事件のカギを握る裏社会のドン、アンソニー(チョウ・ユンファ)と、彼の美しき妻アンナ(コン・リー)に辿りつく。
だが、このアンナとの出逢いにより、ポールの運命は大きく揺れ動くことに―。
激動の時代を駆け抜けた男達と、愛に身を捧げた女達を描く、愛と感動のサスペンス超大作!
監督:ミカエル・ハフストーム『1408号室』『ザ・ライト ―エクソシストの真実―』
出演:ジョン・キューザック『2012』/コン・リー『SAYURI』、チョウ・ユンファ『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』、菊地凛子『バベル』/渡辺 謙『インセプション』
原題:SHANGHAI/2010年/アメリカ・中国合作映画
配給:ギャガ
『シャンハイ』
8月20日(土)、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!
→『シャンハイ』の記事を探す
ジョン・キューザックの記事を探す
→コン・リーの記事を探す
→渡辺 謙の記事を探す
→菊地凛子の記事を探す