MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

阿部真里・西野翔・森下悠里登壇『くノ一忍法帖 影ノ月』舞台挨拶決定!

映画『くノ一忍法帖 影ノ月』の初日舞台挨拶を6月4日(土)、11日(土)に行うことになりました。当日は衣装で、出演者、プロデューサーが登壇します。
●イベント概要
日程:6月4日(土)
時間:20:45~予定(舞台挨拶終了後、本編上映)
登壇予定ゲスト:阿部真里/森下悠里/宮間梨佳/林 哲次プロデューサー
日時:6月11日〈土〉
時間:20:45~予定(舞台挨拶終了後、本編上映)
登壇予定ゲスト:阿部真里/西野翔/森下悠里/宮間梨佳/林 哲次プロューサー
内容:トークショー、撮影グッヅプレゼント大会、本編で着用した衣装での出演!


5月21日(土)よりぴあリザーブシート販売!
料金:2,000円 Pコード:557-856
チケットぴあ:http://t.pia.jp/
場所:銀座シネパトス
http://www.humax-cinema.co.jp/index.html
東京都中央区銀座4-8-7 先 三原橋地下街
(地下鉄 銀座線銀座駅より徒歩2分/日比谷線 東銀座駅より徒歩5分)
●『くノ一忍法帖 影ノ月』
将軍の愛妾をめぐって忍者が入り乱れる大幻魔戦の結末やいかに?
時は江戸、享保の時代。徳川八代将軍吉宗による質素倹約の改革が、江戸の町を寒々とさせていた。そんな中、万事派手好みの尾張藩主の宗春は、吉宗からお咎めの書状を受け取ったのを機に、甲賀の忍を呼び出す。吉宗の過去の愛妾を暴き、スキャンダルを起こすことで、政治への不満を爆発させようというのだ。対する吉宗は、紀州のくノ一を使う。その任務は甲賀の忍に捕えられる前に愛妾たちを殺すこと。ここに、忍法合戦の火蓋が切って落とされる――。
出演:阿部真里、西野翔、森下悠里、宮間梨佳、水谷ケイ、黒田アーサー、亜紗美
監督: 菱沼康介 (原作:山田風太郎「忍者月影抄」(角川文庫刊))
製作:重村博文、本田武市
企画:田中勇、林哲次
プロデューサー:木村尚司
製作:キングレコード、ティー・オーエンタテインメント
制作:ティー・オーエンタテインメント
配給:TOブックス
2011年/日本/カラー/ブルーレイ/16:9/ステレオ/85min
(C)2011山田風太郎/映画「くノ一忍法帖」製作委員会
『くノ一忍法帖 影ノ月』
6月4日 銀座シネパトスほかにてレイトショー!
6月4日大阪・シネヌーボーX 6月11日名古屋・シネマスコーレ 6月18日静岡・藤枝シネプレーゴ
→『くノ一忍法帖 影ノ月』の記事を探す