MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

まえだまえだ、オダギリジョーら登壇『奇跡』完成披露試写会

実物大九州新幹線パネルをバックに! 豪華キャスト集結!!
映画『奇跡』完成披露試写会のご報告
『誰も知らない』『歩いても歩いても』の是枝裕和監督最新作『奇跡』6月11日の全国公開に先立ちまして、5月5日有楽町朝日ホールにて下記の通り舞台挨拶付完成披露試写会を実施しました。
●トークショー
日時:2011年5月5日(木・祝)
会場:有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
登壇者:前田航基(12)、前田旺志郎(10)、オダギリジョー(35)、樹木希林(68)、阿部寛(46)、内田伽羅(11)、 林凌雅(12)、是枝裕和監督(48)


MC:まずは一言ずつご挨拶をいただきましょう。
監督:こんなにたくさん集まってくださってありがとうございます。2か月近く九州で撮影しまして、素敵な映画ができたと思います。子供たちがのびのびとお芝居できたのも、周りのベテラン俳優の方はじめスタッフ、キャストのおかげだと思います。よろしくお願いいたします。
前田航基さん:本日はGWですが、一番遊びに行ける楽しい時期にたくさんの人々に集まっていただけてうれしいです。奇跡という映画はオーディションから始まって主演できると思っていなくて、ここに立っていること自体が「奇跡」かなと。監督も「世界の是枝」なので間違いないです(笑)!!
前田旺志郎さん:初映画で初主演と聞いてだいじょうぶかなと思ったけど、みんなやさしくしてくださって監督との仕事は楽しかったです。
オダギリジョーさん:監督がしゃべり、主演2人がしゃべり、あまりに素晴らしいしゃべりで、、、、ぼくはあまり大したことは言えないのですが。この作品を自分で見て、本当にいい映画を久しぶりに観たなと思いました。GWに素敵な映画を見て素敵な気持ちになってください。
樹木希林さん:前田くん2人の将来不安に思っていましたが、お母さんに会って、普通でいいお母さんだったので、「これなら大丈夫だな」と安心してここに立っております。
阿部寛さん:子供たちにとっては、ひとつの壁になるような、子供たちの楽しみを「だめだぞ」というような役柄を引き受けました。是枝監督らしい、素晴らしい作品なので、GWにぜひ楽しんでください。
内田伽羅さん:初めての経験だったので、難しいこともたくさんありましたけど、是枝さんにいろいろ教わって、だんだん楽しくなりました。一番好きなシーンはみんなでトラックの荷台に乗っているシーンです。
林凌雅さん:是枝監督は素晴らしい監督で素晴らしい監督がとった映画は素晴らしい映画なので、皆さんどうぞ楽しんでください。
MC:是枝監督、子供たちが本当にいきいきと自然体で、演技をしているように見えなかったのですが、どのように演技指導されたのでしょうか?
監督:子供はとっていてとても楽しい部分と難しい部分があるんですが、今回オーディションで出会って、その子たちの個性を知って、その子たち一人一人にあったような演出をして、もちろん現場もですが、一緒にバーベキューをしたりとお互いをいろいろな形で知っていきました。つくる前の過程も含め本当に楽しい作品でした。
MC:航基さん、今回、本作で映画初主演ということですが、ここにいる豪華な先輩俳優さんたちと共演され、いかがでしたでしょうか? 撮影現場でなにか思い出に残っているエピソードがあれば教えてください。
前田航基さん:共演させてもらったことについていうと、すごい方たちなので、単純に「うれしい」の一言になってしまうのですが、あまりにすごいメンバーなので、とても緊張しました。樹木さんとは役柄上、祖母と孫というあまり上下関係がない役だったので、普段の関係から、演技上で上下関係をなくすというのがむずかしかったです。
MC:旺志郎さん、お兄さんの航基さんと一緒に主演を見事に演じられましたね。オダギリジョーさんがお父さん役ということですが、共演された感想を教えてください。演じる上で難しかった点などお聞かせください。
前田旺志郎さん:あまり話さないと思ってたのに、いろいろ話してくれて楽しかったです。
MC:オダギリさん、是枝監督の作品へは前作『空気人形』に続く出演ですが、2度目の是枝組はいかがでしたか? また、子供たちとの共演はいかがでしたか?
オダギリさん:以前出させていただいた『空気人形』は一日、今回は『奇跡』は3日の撮影でした。つぎ出させていただくときは6日くらいお邪魔しようと思っています。
すごくいい現場で、辛くなりそうな現場の前だったので癒されました。あの二人はすごくて、この2人のあとに発言するのも正直恐怖なんですが、父親役の僕が足を引っ張らないようにしないとなと思いました。本当にのみこみが早くてすごかったです。
MC:樹木さん航基さんのお祖母さん役を演じられました。かけあいが本当の家族のように自然でしたが、なにか航基さんに演技のアドバイスなどはされたのでしょうか? 子供たちがキラキラとまぶしい本作ですが、映画の見どころを教えてください。
樹木さん:何の私語もしてくれなくて、ねぇ。おはようございますの挨拶ぐらいでしたね。しかし映画の中での2人の奇跡があんなにかなしいことかと。みていただければわかると思うのですが・・・震災でばらばらになっている家族を見て、壊れそうな家庭をもつ人にあんなに大変な人もいるのに。。。というと、自分たちの問題とは別。と。こういう問題は終わらないんだなと思いました。
MC:阿部さん、航基さんらの先生役を演じられました。まえだまえださんとは撮影中、なにかお話はされたのでしょうか? 先生役として子供たちとの共演はいかがでしたか?
阿部さん:子供の笑顔にはパワーがあるといいますが、一日だけのこの撮影で子供たちからたくさんのパワーをもらいました。
MC:内田伽羅さん、旺志郎さんのお友達役で映画初出演ということですが、とても堂々とした演技で、特にダンスのシーンが印象的でした。映画に初めてご出演されたご感想を教えてください。撮影現場でのエピソードなどもあればぜひ教えてください。
内田さん:ダンスのシーンは本当に汗だくで撮っていたのを覚えています。
MC:林凌駕さん、『歩いても歩いても』に続いて是枝監督の作品は2作目ということで、今回は航基さんのお友達役でした。まえだまえださんとの共演はいかがでしたか?
林さん:初めて会った時から本当の学校の友達のように仲良くなって、いろいろ撮影の合間にはいろいろあそびました。楽しかったです。
MC:是枝監督、今回まえだまえださんを主役に起用された理由と、実際に演じる彼らはいかがでしたか? 映画を通して、監督が伝えたいメッセージ、見所などを教えてください。
監督:オーディション終わって部屋を出た後に、元気になっていることに気がついて、お笑いをやっているとかいうことだけでなく、彼ら二人の持っているポジティブなエネルギーは、2時間の映画を引っ張っていってくれるだけの力があるなと思い、彼らにお願いしました。この数カ月の間にあったことを考えてみると、僕の中でも作った時とはまた違った意味をこの作品を持ってきていますが、この作品の持っている、ポジティブに生きていくことの大切さを受けとって頂けたら嬉しいです。
●記者会見質疑応答
Q:オダギリさんに。今回は2人のお父さん役でしたが、オダギリさんもお父さんになられたということで、なにか今までと変わりましたでしょうか。
オダギリさん:父親役を始めてだったので、私生活が云々というよりも、二人があまりにもすごくて、普段も友達のように接してしまいました。
Q:樹木さん、お孫さんとの共演はいかがでしたか? 伽羅さんはおばあさまとの共演はいかがでしたか?
樹木さん:この脚本をもらって、子供をオーディションしているというので、是枝さんの作品に出るのはとてもいい思い出、経験になるとおもいましたので、進めました。親は渋っていましたけどね。
内田さん:いい経験になると思うよとおばあちゃんに進められて出ました。
Q:まえだまえだのお二人へ。以前将来の夢は中古車販売とおっしゃっていましたが、今も変わりませんか? 林さんはいかがですか?
旺志郎さん:今も中古車販売です。いろいろな車に乗れるっていうのがいいなと。
航基さん:科学者になりたいと思っています!
林さん:阿部さんのような俳優になることです。いろいろな役柄をこなせるからです。
樹木さん:・・・・・オダギリさんじゃだめなの?
林さん:・・・・・・・・・(オダギリさん:方向性がちがうよね)
阿部さん:『歩いても歩いても』で共演したときからすりこんでいたんです(笑)
Q:今回『奇跡』という映画ですが、これまでの体験でなにか奇跡は?
旺志郎さん:この映画にでれて監督に取ってもらえたことが奇跡。
航基さん:素晴らしい俳優さんの中で主演させていただいたことが奇跡。
内田さん:いつもテレビとか映画とか見ていて、ああいう風に出てみたいなとおもっていて、『奇跡』に出れたのが奇跡です。
林さん:阿部さんとまた共演できたことが奇跡です。
阿部さん:林君と共演できたことが・・・(笑) こういった素敵な作品のなかに参加できることが奇跡です。
オダギリさん:アメリカに入学していた時に、朝ハンバーガーを食べたら歯が折れた。パンで歯が折れるって・・・・とまっさきにこのできごとを思い出しました。
樹木さん:周りのことを考えない自分のような人間が今まで芸能界で長年お仕事をいただけているのが、奇跡。
監督:新幹線の映画を。というお題を出されて、見ていただけるとわかると思うけど、タイアップ感のまったくない映画に仕上がったことが奇跡。スタッフ、キャストに感謝
Q:大人のキャストのみなさんへ、子役のみなさんの「しっかりしていても、やはり子供だなあ」と思ったのはどんなところですか?
樹木さん:待ち時間に本当に寝てしまう。
オダギリさん:待ち時間のテンションの高さ。ずっと飛び回っているところ。
阿部さん:食べ物差し入れしたら、楽屋まで飛んでお礼をいいにきたところとか。ものすごい勢いでした!
Q:まえだまえだのお二人へ。オダギリさんのお父さん役はいかがでしたか?
航基さん:男前なのであまりしゃべらないのかなーと思っていましたが、ものすごくしゃべってくださったんで、すごい方だなあと思いました。
旺志郎さん:朝起きる時も旺志郎が起こしたりして、本当のお父さんみたいで楽しかったです。
万博公園のシーンで4人でお弁当を食べ続けて、本当の親子みたいでした。
●ストーリー
2011年3月12日、九州新幹線全線開業。
一番列車がすれ違うとき、奇跡が起きるー。
そんな噂がすべての始まりだった。
離れて暮らす家族の絆を取り戻すため、奇跡を信じた子供たちと、彼らを見守り、翻弄され、癒されてゆく大人たちの想いを描いた、感動エンターテイメントが誕生。
前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田芳雄、樹木希林、橋爪功
監督・脚本・編集:是枝裕和
(c)2011『奇跡』製作委員会
『奇跡』
6月11日より、新宿バルト9他にて全国公開
→『奇跡』の記事を探す