MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』緊急公開決定

本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作
『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』緊急公開決定
この映画に描かれているすべてのことが事実である、ということが、何よりも恐ろしい。(エンタテインメント・ウィークリー)
2008年の金融危機を、力強く、詳細に記録したこのドキュメンタリーを見て、強い憤りを感じない人はいないだろう。
ワイドスクリーンに映し出される洗練された撮影技術がこの映画に更なる権威を与えている。(ニューヨーク・タイムス)
マイケル・ムーアのこれまでのすべての作品の何千倍も、あなたを憤らせること間違いなし。(ロサンゼルス・タイムス)


米ロサンゼルスで2月27日(日)※日本時間2月28日(月)発表された第83回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞しました『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』が5月21日(土)に緊急日本公開されることが決定しました。
本作は、「ノー・エンド・イン・サイト」でオスカーにノミネートされた社会派の鬼才チャールズ・ファーガソンが2008年に起きたリーマン・ブラザーズの経営破綻(リーマンショック)をはじめとする、世界中を巻き込んだ経済崩壊の真実に迫る問題作。金融業界を代表するインサイダー、政治家、大学教授、ジャーナリストなどキーパーソンとなる人物へのインタビューや徹底的なリサーチ、データ収集によってあらゆる観点からメスを入れた、ホラーよりも恐ろしい本格派経済ドキュメンタリー作品です。
ナレーターをマット・デイモンが担当しているのも大きな見どころです。
また、アカデミー賞受賞式におけるスピーチでチャールズ・ファーガソン監督が「本作で告発した金融業界の人間がいまだただの一人も法的な制裁を受けていない」と再度訴えたことも、大きな話題となりました。
『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』
原題:Inside Job
2010年アメリカ映画
監督:チャールズ・ファーガソン
原案・脚本:チャド・ベック
ナレーション:マット・デイモン
上映時間:1時間18分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』
5月21日(土)新宿ピカデリー他順次全国公開
→『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』の記事を探す