MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『唐山大地震 -想い続けた32年-』の公開について

松竹および松竹グループ各社は、2011年2月22日(火)にニュージーランド・クライストチャーチ近郊で発生した地震による被災者の皆様に謹んでお見舞いを申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
当社グループはこのような状況において、今般、映画『唐山大地震 -想い続けた32年-』を公開することの是非について、被災された方々や親族の方々始め、多くの関係者の皆様に与える影響を考慮し、真摯に検討して参りましたが、当初の予定通り、3月26日(土)より公開することといたしました。
本作品の公開に踏み切った経緯・背景は以下のとおりです。
1. 本作品は1976年に実際に起こった地震災害をベースにした作品であり、パニック映画のようなアクションやスリルを楽しむ映画ではないこと。
2. 常に地震や災害に備えることの大切さや家族の絆、助け合いの心、希望を持って生きていく人間のたくましさなどを描いた映画であること。
3. 本作品の公開をきっかけにして、より広範囲な募金活動ができ、ひいては被災者の方々への支援活動に貢献できること
つきましては、当社グループは本作の公開に際して、3月12日(土)より下記の取り組みを行います。


●取り組み概要
当社グループが運営する映画館および演劇直営劇場、ならびに当社グループ各社の事業所内に募金箱を設置いたします。ポスターなどを掲示し、支援活動についてのお客様のご理解とご協力を呼びかけるとともに、社員向けにも募金箱を設置します。集まった募金は「ニュージーランド地震救援金」として日本赤十字社に寄付いたします。
なお、集められました寄付金は、ニュージーランド赤十字社及び日本赤十字社における、救援・復興支援活動として被災地・被災者の皆様のために活用されます。
●支援内容
1.松竹グループとしての支援
下記期間中、以下劇場などに「ニュージーランド地震救援金」募金箱を設置。
平成23年3月12日(土)~4月28日(木) ※1
・松竹マルチプレックスシアターズ株式会社が運営する映画館(他社との共同事業体含む)※2
・松竹株式会社の直営演劇劇場 ※3
・松竹株式会社本社およびグループ会社各社事業所内
2. 映画『唐山大地震 -想い続けた32年-』を通じた支援
下記期間中の本作品の入場者数に応じた興行収入ならびにパンフレット販売収入の一部寄付。
平成23年3月26日(土)~4月28日(木) ※1
・映画『唐山大地震 -想い続けた32年-』一般試写会場での募金箱設置
● 寄付先
日本赤十字社「ニュージーランド地震救援金」
以上
※1 一部、映画館における上映期間や募金箱の設置期間が異なる場合がございます。
※2 MOVIX さいたま、MOVIX 三好、MOVIX 倉敷、MOVIX 亀有、MOVIX 八尾、MOVIX 宇都宮、MOVIX 川口、MOVIX 清水、MOVIX 仙台、MOVIX 橋本、MOVIX 堺、MOVIX ココエあまがさき、MOVIX 三郷、MOVIX 昭島、MOVIX 伊勢崎、MOVIX柏の葉、MOVIX 利府、MOVIX 周南、MOVIX 橿原、MOVIX 日吉津、MOVIX つくば、MOVIX 京都、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー1~3、東劇、神戸国際松竹、なんばパークスシネマ、ミッドランドスクエアシネマ (計28サイト)
※3 新橋演舞場、大阪松竹座、京都四條南座
※参考
『唐山大地震 -想い続けた32年-』
1976年に実際に起こった唐山大地震により運命付けられたある家族の32年間を描いた作品。監督:フォン・シャオガン。
『唐山大地震 -想い続けた32年-』
3月26日(土)全国ロードショー
→『唐山大地震』の記事を探す