MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

フィリップ・K・ディック原作、マット・デイモン主演『アジャストメント』日本公開決定!

運命は、与えられるものでも切り拓くものでもない。
それは、常に〈操作〉されるものである。
マット・デイモン主演最新作
『アジャストメント』、日本公開決定!
5月27日(金)より全国ロードショー!!
「我々は、運命を支配しているのか?それとも、運命が我々を支配しているのか?」
人類の永遠のテーマともいうべき「運命」について、「我々の運命は第三者によって“操作”されている」という、斬新かつショッキングな切り口で迫るマット・デイモン主演の最新作『アジャストメント』(原題:THE ADJUSTMENT BUREAU)が2011年5月27日(金)、日本公開する事が決定した。


“ボーン”シリーズで目覚ましい飛躍を遂げ、ハリウッド屈指のスーパースターとして活躍するマット・デイモン。CIA、国防総省と、巨大な力を持つ存在に単身立ち向かってきた彼が今回対峙するのは「運命」。
現実の裏側で我々の日常生活をすべてモニターし、運命を操作している謎の組織【アジャストメント・ビューロー(運命調整局)】の存在を知るも、操作された運命に立ち向かう主人公を熱演する。
原案は『マイノリティ・リポート』『ブレードランナー』など数々のハリウッド大作の原作を生み出したSF界の巨匠、フィリップ・K・ディック。
これ以上ないキャスティングとストーリーが融合し、全く独創的で予測不能の展開が待ち受ける、超一級のエンターテインメント大作が誕生した。
観る者のイマジネーションを刺激する、驚異の映像の一端が見れる予告編をはじめ、ポスターやチラシ、公式WEBサイトなどが2月19日(土)より展開スタート。前売り券の発売も同時に開始され、前売り特典としてパワースポット(屋久島・白谷雲水峡)のパワーを注入した「運命表パワーチーフ」が全国先着5000名に付いてくる。
操作された〈運命〉に、逆らえ。
将来有望な若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)は、ある日エリース(エミリー・ブラント)という美しいバレリーナと“運命的”に出逢い、一目惚れする。しかし突如現れた“アジャストメント・ビューロー(運命操作局)”と呼ばれる男たちによって、彼は拉致されてしまう。ビューローの目的は、本来“恋に落ちる予定ではなかった”デヴィッドとエリースを引き離し、“運命の書”に記述された運命に従わせること。
混乱するデヴィッドに突き付けられたのは、「この世のすべての運命は、ビューローがすでに決めた運命から逸脱しないよう常にモニターされ、操作されている」という、信じがたい現実の“裏側”だった。
超人的な能力で運命を操作するビューローに対し、自分の未来を取り戻すべく必死の抵抗を試みるデヴィッド。彼はやがて、ビューローの真の目的と、その背後に潜む更に巨大な力の存在に気付き始める・・・。
原題:THE ADJUSTMENT BUREAU
監督・脚本: ジョージ・ノルフィ『ボーン・アルティメイタム』(脚本)
出演:マット・デイモン『ボーン』シリーズ、『グリーン・ゾーン』『ヒア アフター』、エミリー・ブラント『プラダを着た悪魔』、テレンス・スタンプ『ワルキューレ』『ウォンテッド』、アンソニー・マッキー『ハート・ロッカー』
原案:フィリップ・K・ディック著「Adjustmen Team」
全米公開:2011年3月4日
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和
『アジャストメント』
2011年5月27日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
→『アジャストメント』の記事を探す
→マット・デイモンの記事を探す