MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

堀北真希、感激の涙『白夜行』ベルリン国際映画祭 舞台挨拶登壇

映画『白夜行』ベルリン国際映画祭を肌で感じた!
ベルリン国際映画祭舞台挨拶登壇のご報告
第61回ベルリン国際映画祭・パノラマ部門での『白夜行』の上映が、ドイツ時間の2月12日(土)22:00に行われ、深川栄洋監督と主演の堀北真希が上映前の舞台挨拶と、上映後のティーチインに登壇いたしました。
一番大きなスクリーン600席が発売後すぐに完売。22:00の遅い時間のスタートにも関わらず、客席は観客でいっぱいに。会場についた瞬間、深川監督と堀北はファンやメディアに囲まれ、サイン攻めとフラッシュに囲まれて何とか会場に入りました。
上映中のラスト30分はすすり泣きも多数聞こえ、エンドクレジットでは拍手がおき始め、明るくなった瞬間には拍手喝采に! 二人で自分の席で立ち上がり挨拶。堀北は観客の惜しみない拍手に思わず涙を流す一幕も。


●ベルリン国際映画祭詳細
日本時間 2月13日(日)6:00~上映、9:30~ティーチイン
現地時間 2月12日(土)22:00~上映、24:30~ ティーチイン
場所:ドイツ・ベルリン CinemaxX
登壇者:深川栄洋監督、堀北真希
堀北さん:ベルリンに来ることができて嬉しいです(と英語で挨拶)。
ベルリン映画祭に参加してみて、今初めて(国際映画祭に参加しているのだと)実感がわきました。上映して実際に来て下さったお客さんと一緒に、自分の(映画の)エンドロールをベルリンで観て感動しました。隣に監督もいらっしゃいましたし、高良さんや船越さん、スタッフの皆さんと力を合わせて、こうして海を越えてベルリンまでやって来たということが、やっと実感できて涙が止まらなくなってしまいました。
(海外からオファーがきたらどうしますか?)はいもちろん、受けたいです!
ただ私は特に国内や海外という線は引いていません。(今回の映画祭を体験して女優として変わったところは?)こうして日本ではない国でお客さんが自分の映画を観てくれるということに対して、自分のお芝居に対する思いも熱いものになっていくと思います。
深川監督:こんばんは。今日は来て下さってありがとう(とドイツ語で挨拶)。
日本のバブルは光の部分を象徴しているが陰もある。陰では子供や弱いものが犠牲になる。『白夜行』では犠牲になった二人を描いた。その引き金は大人たち。これは日本だけではなくどこの国でも言えること。国際的な舞台でこのことを訴えることができて良かった。『白夜行』を選んでくれてありがとうございます。
●ストーリー
密室となった廃ビルで質屋の店主が殺された。
決定的な証拠がないまま、事件は被疑者死亡によって一応解決をみる。
しかし、担当刑事の笹垣だけは腑に落ちない。容疑者の娘で子供とは思えない艶やかさを放つ少女・雪穂と、被害者の息子でどこか暗い目をした物静かな少年・亮司の姿がいつまでも目蓋の裏を離れないのだ。
やがて成長した雪穂と亮司。全く面識がないはずのふたりの周辺で不可解な事件が続発する。そして、刑事退職後も真相を追い続ける笹垣自身も命を狙われ、ついに思い至るのだった――19年前の驚愕の真実とそこで結ばれた固い絆の存在に・・・。
累計約200万部の東野ミステリーの最高峰、ついに映画化!
出演:堀北真希/高良健吾/船越英一郎
戸田恵子、田中哲司、姜暢雄、緑友利恵、中村久美、粟田麗、今井悠貴(子役)、福本史織(子役)
監督:深川栄洋
脚本:深川栄洋、入江信吾、山本あかり
原作:東野圭吾「白夜行」(集英社文庫)
配給:ギャガ
(c)2011 映画「白夜行」製作委員会
『白夜行』
全国劇場にて絶賛上映中
→『白夜行』の記事を探す