MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『May’n THE MOVIE -Phonic Nation-』初日舞台挨拶 May’n生ライブ

2月5日に公開初日を迎えました『マクロスF』のシェリル・ノームの歌唱パートで大ブレイクしたMay’nのライブドキュメンタリー3D映画『May’n THE MOVIE -Phonic Nation-』の初日ライブ付き舞台挨拶の様子をご報告いたします。
本作の主題歌である『Phonic Nation』が7分フルコーラスで披露されると会場内からは自然と手拍子が始まり、May’nさん自身が日頃から抱いている《音楽でひとつの国になれる》というまさにその思いが実現した瞬間でした。彼女の強みである透き通るハイトーンボイスが会場内に響き渡り、来場したお客様はみな新世紀のディーヴァのその歌声に聴き入っていました。


日時:2月5日(土) 14:30~14:50(20分)
会場:シネマサンシャイン池袋
登壇者:May’n(21)、須永秀明監督(43)
Q:3DのLIVE映像をご覧になられていかがでしたか?
May’n:LIVE会場そのまま、本当にリアルな映像になっています。目の前にMay’nがいるかのように錯覚するほどで、私もMay’n!と手を伸ばしてしまったり、“May’nがMay’nに向かって歌っている”ような不思議な感覚になりました(笑)
ステージの奥行きも凄くて、リアルなライブを体感していただけると思います。観客の皆さんには盛り上がって観ていただきたいと思います。
Q:須永監督へ3Dを撮るにあたってこだわったポイント
須永監督:May’nちゃんはファンの方をすごく大切にされる方なので、その距離感を大切に、より密着した感じにできればというのがありました。3Dだからこそできる臨場感であったり、CGを駆使した演出もありますので、これまでにないLIVEとして楽しんでいただけると思います。
Q:May’nさんの音楽への想いを綴ったドキュメンタリーも描かれていますが、ファンの方にどう受け止めてもらいたいですか?
May’n:日頃から感じている音楽への思いを全て収録していただけたので、この映画を通じて私が本当に音楽・ライブが大好きだっていう気持ちを届けたいと思います。また、昨夏ツアーの合間に作った「Phonic Nation」という曲は“音の国”という意味ですが、他の国の人たちとも、音楽でこんなにもひとつになれるんだという想いが込められています。世界にはいろんなたくさんのことがあるけど、音楽は音楽という1つの国をつくることができるんだと私は感じています。
●作品概要
アニメ『マクロスF』のシェリル・ノームの歌パート役で大ブレイクしたアーティスト・May’n 2010 SUMMER TOUR Phonic◆Nation が大迫力の3D映像でスクリーンに甦り、観るものすべてを興奮の渦の中へ誘う。
そして初めて明かされる、「Phonic Nation」という言葉に込められた想いとは―――
本作は、全国17公演、20,000人を動員したMay’n2010 SUMMER TOURのファイナルステージを3D映像で収めたもの。2009年に公開された世界で人気を誇るロックバンド・U2の3D映画『U23D』でも使用された「3 ALITY Digital」を駆使し、迫力の3D映像と5.1ch高音質サラウンドで臨場感あふれる作品となっている。
また本作は、3DLIVE映像だけではなく、ツアーファイナルステージでしか披露されなかった新曲「Phonic Nation」が収録されていることや、同曲ができるまでのエピソードなど、May’nの内面に迫ったドキュメンタリー部分も見どころの一つ。
さらに、ツアーリハーサルなどのバックステージや、彼女が想いを抱く「音楽で世界をつなぐ。音楽で国境は超えていける」という考えのルーツをたどるために敢行されたシンガポールやマレーシア、ロサンゼルスでの海外ロケの様子など、盛りだくさんの内容となっている。
2010 SUMMER TOUR Phonic◆Nationは本作をもって完結し、それと同時に新たなステージへの始まりでもある。新世代の歌姫・May’nの“音楽”のすべてがここにある。
『May’n THE MOVIE -Phonic Nation-』
絶賛上映中
→『May’n THE MOVIE』の記事を探す