MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『トゥルー・グリット』ワシントンDC映画批評家協会賞6部門ノミネート!

コーエン兄弟×スティーブン・スピルバーグが初タッグ!!
ワシントンDC映画批評家協会賞
『トゥルー・グリット』
6部門ノミネート!
パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給、2011年3月に公開される、アカデミー賞受賞監督、ジョエル&イーサン・コーエンの最新作『トゥルー・グリット』(原題:TRUE GRIT)は、日本時間12月6日に発表されたワシントンDC映画批評家協会賞で、監督賞(イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン)、主演男優賞(ジェフ・ブリッジス)、助演女優賞(ヘイリー・スタインフェルド)、脚色賞、撮影賞、美術賞の主要6部門にノミネートされた。
全米では、アカデミー賞の前哨戦となる賞レースがスタートされ、来年の本戦までの動向にも注目が集まる。
復讐を誓う14歳の少女マティと彼女に雇われた2人の男の執念の追跡劇!


マティ・ロス(ヘイリー・スタインフェルド)は、育ちがよく信念の強い14歳の少女。
ある日、彼女の父親が、雇い人のトム(ジョシュ・ブローリン)に無残にも撃ち殺された。
マティは、父親の形見の銃を譲り受け、ためらわず復讐を決意する。彼女あが、逃亡したトムを追跡するために助けを求めたのは、凄腕だが独眼で大酒飲みの連邦保安官ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)。
若きテキサス・レンジャーのラブーフ(マット・デイモン)も加わり、3人の追跡の旅が始まる。
そして遂に、<真の勇気>が試される復讐のときが訪れるのだった・・・
『トゥルー・グリット』は、アカデミー賞授賞のコーエン兄弟が、製作総指揮にスティーブン・スピルバーグと初となるコンビを組み、昨年のアカデミー賞俳優となったジェフ・ブリッジスとマット・デイモンを主演に迎え、アカデミー賞受賞の名作『勇気ある追跡』をどう描くのかが話題となっているコーエン兄弟の最高傑作の呼び声高い作品です。
全米公開は12月22日。日本公開は2011年3月よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他にてロードショーです。
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『トゥルー・グリット』
2011年3月よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他にてロードショー
→『トゥルー・グリット』の記事を探す
→コーエン兄弟の記事を探す
→スピルバーグの記事を探す
→ジェフ・ブリッジスの記事を探す
→マット・デイモンの記事を探す