MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『The King’s Speech』邦題決定!『英国王のスピーチ』

映画『英国王のスピーチ』原題:The King’s Speech 邦題決定
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞トップ10選出!
本年度トロント映画祭にて最高賞(観客賞)を受賞し、アカデミー賞最有力候補と話題を呼んでいる『The King’s Speech』の邦題が『英国王のスピーチ』に決定しました。
11月26日にアメリカで限定公開され、週末の1館あたりの平均成績が本年度ナンバー1になるという大ヒットスタート(館数:4館(NYとLA)、週末3日間興収:約$350,000、館アベ:$85,448)という追い風に乗って、この度発表されたナショナル・ボード・オブ・レビュー賞においてトップ10に選出されました。アカデミー賞の前哨戦ともいえる本賞においても強さを見せています!
本作は、現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気なジョージ6世が、言語聴覚士の助けを借りて障がいを克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づけ心をひとつにする見事なスピーチを披露して、人心を得るまでを描く感動作です。


主演のジョージ6世には『シングルマン』で世界の映画賞を独占した記憶も新しいコリン・ファース、言語聴覚士にジェフリー・ラッシュ、ジョージ6世の献身的な妻にヘレナ・ボナム=カーターという本格演技派ぞろいの作品です。
来年4月29日に挙式が決まったウィリアム王子のニュースで、英国王室に世界中の注目が集まるいま、いち早く公開されたアメリカで、NYとLAの4館からスタートし、驚異的な数字をはじき出した本作。続く賞レースでもますます目が離せない状況となりました。
●ストーリー
英国史上最も内気な国王ジョージ6世。
バッキンガム宮殿に隠された真実の物語。
子供の頃から悩む吃音症のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。
しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。
型破りのセラピスト、ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、渾身のスピーチに挑むのだが─。
監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース『シングルマン』、ヘレナ・ボナム=カーター『アリス・イン・ワンダーランド』、ジェフリー・ラッシュ『シャイン』 ほか
『英国王のスピーチ』
2011年春 TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開
→『英国王のスピーチ』の記事を探す