MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『怪盗グルーの月泥棒 3D』興行収入10億円突破!! 全世界興収も5億ドル越え!

『怪盗グルーの月泥棒 3D』
興行収入10億円突破!!
全世界興収も5億ドル越え!
東宝東和配給、大ヒット上映中のアトラクション3D映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』 (原題「Despicable Me」)が公開26日目の11月23日(火・祝)に興行収入10億円を突破した。11月20~21日の週末興収でも興収ランキングTOP5をキープするなど依然好調で、23日現在で興収10億4307万8600円、動員は71万2831人となっている。
また、ユニバーサルとイルミネーションによる初めての3D作品は、現在北米興収2億4,920万ドルを記録。これは今年公開のアニメーション映画の中では、『トイ・ストーリー3』に次ぐ成績。


北米市場において『怪盗グルーの月泥棒 3D』は、『トイ・ストーリー2』を抜いてアニメーション映画として歴代10位となり、ユニバーサル・ピクチャーズによる北米公開映画としては、歴代6位のメガヒット作となった。
アメリカだけでなく、『怪盗グルーの月泥棒 3D』の快進撃は世界各地で続行中。現在(北米以外の)インターナショナル市場における興収は2億7,960万ドル。これは、2010年度のユニバーサル作品のインターナショナル興収第1位である。
ユニバーサル・ピクチャーズ会長Adam Fogelsonと、ユニバーサルの共同会長 Donna Langleyは共同声明の中で、「ユニバーサルとイルミネーションによるグローバル・チームと、あらゆる部門による想像を超えた努力のたまものがこの大ヒットを生んだことに感動している。」と発表した。
●ストーリー
ある日、ピラミッドが盗まれた!
世界中が大騒ぎのなか、怪盗グルーと仲間のミニオンたち世界No.1怪盗団は悔しがる!
「俺らじゃない!」
彼らはプライドをかけて “月を盗む”という大作戦を計画!
そこで、大問題が発生!
作戦に不可欠な秘密兵器を宿敵ベクターに盗まれてしまった!
鉄壁の守りのベクターの基地から取り返すには、基地に出入りできるアグネスら孤児の3姉妹を利用するしかない。彼女たちを孤児院から引き取った子供嫌いのグルーは「未来のパパ」と懐かれ大混乱!
でも、いつしか互いに心を通わせるように…。しかし、ベクターに3姉妹を誘拐されてしまう!
果たして3姉妹を助けることができるのか!?
そして、月を盗むことができるのか!?
原題:Despicable Me
プロデューサー: クリス・メレダンドリ『アイス・エイジ』シリーズ
監督:ピエール・コフィン&クリス・ルノー
日本語吹替:笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、山寺宏一ほか
2010年/アメリカ
(C)2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
『怪盗グルーの月泥棒 3D』
TOHOシネマズ 有楽座ほか大ヒット上映中!
→『怪盗グルーの月泥棒』の記事を探す