MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』東京国際映画祭 舞台挨拶

映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』
第23回 東京国際映画祭 10月25日(月)舞台挨拶のご報告
10月23日に華々しく開幕した第23回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に、角川映画配給『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(1月22日より角川シネマ新宿にて公開)が出品されております。
『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』は、“みーまー”の略称で知られ、累計100万部を突破した入間人間(いるまひとま)さんの原作を、インディーズ時代から、そのユニークな映像表現で注目されていた瀬田なつき監督が大胆にキュート、愛らしくポップ、シニカルで残酷に映画化した作品となります。
そして、10月25日(月)にプレミア上映が行われ、キャスト・監督による舞台挨拶を行いました。


日時:10月25日(月)
開催場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇者:大政絢、染谷将太、田畑智子、瀬田なつき監督
●舞台挨拶内容
MC:では、ご挨拶をお願い致します。
大政絢さん:
皆さん、こんにちは。
今回、東京国際映画祭で上映されるということでとてもうれしいです。
ピュアでまっすぐな映画になっていて、過去の残酷な部分もあったり、色々な感情がある映画になっています。
最初から最後まで飽きない映画となっておりますので、楽しんで帰ってください。
染谷将太さん:
本日はご来場ありがとうございます。
可愛くて残酷な映画ですが・・・その両面性を楽しんでください。
田畑智子さん:
映像から風が吹いているような、新しい映画です。
内容は残酷なのはずなのに、それをさらっと見られるところが面白いと思いました。ぜひ、楽しんでください。
瀬田なつき監督:
今日、皆さんがこの作品の初めてのお客さんとなるので、どう感じていただけるのか緊張しています。
必死で作った映画ですので、全力で楽しんで頂ければと思います。
MC:みーくんとまーちゃんは、非常に密接な関係ですよね。
大政さんは、みーくんみたいな男性ってどうですか?
大政絢さん:
みーくんは、まーちゃんに対してとっても一途に恋愛しているので傍から見ると、まーちゃんは幸せ者だなぁと思います。
まーちゃんが愛されていて羨ましいですし、まーちゃんもみーくんもお互い思い合っていて、そういう関係が素敵だなと思います。
MC:田畑さんはいかがですか?
田畑智子さん:
凄く痛々しいほどに頑張っている姿や、対人に対する態度が素敵だと感じました。
一途ですし、相手をそこまで思えるというのは素晴らしいですね。
MC:そして、染谷さん、タイトルどおり、まーちゃんは壊れているわけなのですが、まーちゃんみたいな女性はどうですか?
染谷将太さん:
難しい質問ですね。いや~きっと守ってあげたくなるのではないでしょうか。
まーちゃんの”何か”を信じるしかないですよね。
MC:そして、演じられているみーくんは“嘘つき”ですが、この作品を通して、”嘘”に関して何か考えたことはありますか?
染谷将太さん:
改めて思ったのですが、嘘って良い面も悪い面もありますよね。
みーくんはまーちゃんを思って嘘をついているので、素敵な嘘というのを、より深く感じました。
MC:この映画の中にはある決め台詞がありますがどんな風に演じられましたか?
染谷将太さん:
最初、監督とスタッフとキャストで、どうやったらあの決め台詞が実写で伝わるのかと話し合ったのですが、結局あるルールを決めまして、そのルールにそって、みんなでアイデアを持ち寄りました。
MC:では今“嘘”というキーワードが出ましたが大政さん、嘘つきの男性ってどうですか?
大政絢さん:
さっき、みーくん(染谷さん)も言われていたんですけど、相手を思う良い嘘があったり、本当にダメな嘘もあったり、色々な嘘があると思うんです。
ですので、確信を持って嘘つきが嫌だとは言えないですけど、良い嘘ならついてもいいんじゃないかなって。
相手を思う気持ちがあってついている嘘ならいいんじゃないかと思います。いやな嘘は嫌ですけどね(笑)
MC:田畑さん、先ほども“新しい映画”とおっしゃっていましたが今回瀬田監督と一緒に撮影して、どういうところが新しかったですか?
田畑智子さん:
まず、現場での撮り方が、今まで経験したことがないことが多かったんです。観ていただければ、分かって頂けるかと思うのですが。
撮っている映像がどうなるのかわからなくて、観てやっとわかりました。なので、凄く楽しい現場でしたね。
MC:監督、必死になって撮られたと先ほどおっしゃっていましたがどのあたりが一番しんどかったですか?
瀬田なつき監督:
初めての商業映画だったので、もう全てが大変でした。
でも凄く楽しかったです。
キャストやスタッフの方にも、“がんばって”と言われ、皆さんに見守られて、全力を出し切る現場を作っていきました。
MC:非常に原作がパンチが効いていますので、その映像化に際してはプレッシャーもあったのではないですか?
瀬田なつき監督:
原作が非常に大胆な世界観だったので、それを映像するにあたり、どこを一番メインにするかを悩みました。
結果、2人のラブストーリーをメインに再構築していった感じです。
ぜひ、原作ファンの方も、映画と原作の差を探して、楽しんでいただければと思います。
MC:最後に監督からひと言どうぞ
瀬田なつき監督:
色々冒険したので、「これが映画だ」、という概念を壊し……はしないまでも、色々と考えて、発見して、柔らか頭で観ていただければと思います。
●ストーリー
僕はキミを守る。
だって、世界で一番キミを××してるから・・・。嘘だけど。
僕(みーくん)の幼なじみ、まーちゃん。
とっても可愛いけど、乱暴でワガママで壊れた女の子。
僕とまーちゃんは、10年前の誘拐監禁事件の被害者同士。
不穏な連続殺人事件が起きている街で10年ぶりに僕らは再会した。
ある日、まーちゃんを主治医の精神科医に連れて行った僕のところに、事件を捜査する刑事が接触してきた。
僕らは容疑者と疑われているらしい……。
出演:大政絢 染谷将太 三浦誠己 山田キヌヲ 鈴木卓爾 田畑智子 鈴木京香
監督:瀬田なつき
原作:入間人間(アスキー・メディアワークス/電撃文庫刊)
脚本:田中幸子 瀬田なつき
主題歌:柴咲コウ「サヨナラブ」(UNIVERSAL MUSIC/chimera energy)
製作:「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」製作委員会
制作プロダクション:デジタル・フロンティア
配給:角川映画
(C)2010 「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」製作委員会
『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』
2011年1月22日、角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー
→『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の記事を探す