MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

12月公開映画『ばかもの』原作文庫本発売決定!!

芥川賞作家 絲山秋子の同名小説が待望の映画化!!
成宮寛貴 & 内田有紀 W主演、金子修介監督(『デスノート』)最新作
一生忘れられない恋がある───
生きること、愛することの哀しみと歓びを描く究極のラブストーリー。
気ままな大学生と、強気な年上の女。
かつての無邪気な恋人たちは、いつしか別れ、気づけばそれぞれに、取り返しのつかない喪失の中にいた。行き場をなくし、変わり果てた姿で再会した二人の、むき出しの愛。


ばかもの12月、有楽町スバル座、シネマート新宿他全国公開となる『ばかもの』。原作となった絲山秋子著『ばかもの』が、いよいよ文庫化され、10月1日新潮文庫より発売されます。
名匠・金子修介監督が、絲山作品のもつ原始的ともいえる生命力や官能をも見事に捉え、忘れたくても忘れられなかった2人の10年にわたる<不器用な純愛>が描かれる。そして最後、未来に希望を抱く、清涼の風を感じるラストシーン。愛と優しさに溢れる傑作が誕生いたしました。
映画とはまた違った、原作の世界もお楽しみください。
また、著者の2年ぶりの新刊となる長編小説『妻の超然』は、9月30日、新潮社より発売されます。
●『ばかもの』
一生忘れられない恋がある。究極の恋愛長編。
高崎で気ままな大学生活を送るヒデは、勝気な年上女性・額子に夢中だ。だが突然、結婚を決意した彼女に捨てられてしまう。何とか大学を卒業し就職するが、ヒデはいつしかアルコール依存症になり、周囲から孤立。一方、額子も不慮の事故で大怪我を負い、離婚を経験する。全てを喪失し絶望の果て、男女は再会する。長い歳月を経て、ようやく二人にも静謐な時間が流れはじめる。傑作恋愛長編。(420円、新潮文庫刊)
●『妻の超然』
文学がなんであったとしても、化け物だったとしても、おまえは超然とするほかないではないか。
おまえはこの町に来て初めて知ったのだ。ここでは、夕日はいつも山の向こうに沈む??。「妻の超然」「下戸の超然」「作家の超然」を収録。異色の三部作。(1470円、新潮社刊)
●映画ストーリー
中途半端な大学生活を送る大学生・ヒデ(成宮寛貴)は、強気な年上の女・額子(内田有紀)にのめり込む毎日。だが、ある日突然、額子から「結婚を決めた」と別れを告げられる。ヒデは大学を卒業、就職するが、いつしかアルコール依存症に。一方の額子も事故に遭い、人生を変える大怪我を負う。別れから数年後、ともに変わり果てた姿で二人は再会する。
成宮寛貴/内田有紀
白石美帆 中村ゆり 浅見れいな 岡本奈月/浅田美代子/小林隆 池内博之 古手川祐子
監督:金子修介
原作:絲山秋子『ばかもの』(新潮社刊)
製作総指揮:植村伴次郎
エグゼクティブ・プロデューサー:奥山和由
プロデューサー:沖元良、中林千賀子
脚本:高橋美幸
撮影:釘宮慎治
照明:田辺浩
美術:高橋俊秋
録音:尾崎聡
編集:洲崎千恵子
音楽:MOKU
主題歌:shela「めぐり逢い」(バーニングパブリッシャーズ)
製作:東北新社
制作プロダクション:東北新社クリエイツ
制作協力:ブースタープロジェクト
企画協力:新潮社
配給:ゴー・シネマ
宣伝:Lem
2010年/カラー/120分
PG12
(c)2010「ばかもの」製作委員会
『ばかもの』
12月、有楽町スバル座、シネマート新宿他全国ロードショー!
→『ばかもの』の記事を探す