MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ベン・アフレック監督&主演『ザ・タウン』(原題)全米初登場第1位!

ベン・アフレック監督&主演/2010東京国際映画祭クロージング作品
『ザ・タウン』 THE TOWN
『バイオハザードIV アフターライフ』を抜き全米初登場第1位!
ベン・アフレック監督・主演で放つ緊迫のサスペンス・アクションの傑作『ザ・タウン』が、9月17日(金)全米公開され、オープニング興行収入$23,808,032で初登場第1位の好スタートとなりました!
本作品は、2011年全国ロードショーの予定です。


全米屈指の銀行強盗件数を誇る街(ボストンのチャールズタウン)に生まれ育ち、血と骨で結ばれたアウトローたち。
強盗グループのリーダーと人質の女性、交わるはずのなかった2人の人生が交差したとき、彼らを待つ宿命とは…。
数々のヒット作で役者としての評価も高いベン・アフレックの監督第2作『ザ・タウン』は、ベネツィア映画祭、トロント映画祭での上映を経て9月17日(金)全米公開され初登場第1位と大ヒットスタートとなった!
『ハート・ロッカー』で注目のジェレミー・レナーをはじめ、『それでも恋するバルセロナ』でウッディ・アレンのミューズを演じたレベッカ・ホール、大人気ドラマ「ゴシップ・ガール」で主人公のセリーナを演じるブレイク・ライブリー、エミー賞で3年連続作品賞を受賞した「マッド・メン」で知られるジョン・ハムなど、豪華競演陣にも注目が集まる本作は、ベン・アフレック監督作として満を持しての日本初公開作となる。
●ストーリー
ダグ・マクレイ(ベン・アフレック)は、犯行現場に一切の痕跡を残さないプロの銀行強盗一味のリーダー。綿密な計画からある銀行を襲撃した彼らだが、予定外に支店長のクレア・キーシー(レベッカ・ホール)を人質にする。クレアは無事に解放されるが、犯罪者の影に怯える日々を過ごすことに。
そんななか、彼女はコインランドリーでダグという魅力的な男に出会う。ふたりはたちどころに惹かれ合っていくが、ダグこそが数日前の強盗犯と同じ男であることに、彼女は
気づかないのだった。ダグは次第に、街を捨ててクレアとの新しい人生を切望するようになる。
ダグらを追い詰めるFBI捜査官フローリー(ジョン・ハム)、強盗グループからの脱退を許さない地元の仲間ジェム(ジェレミー・レナー)や裏社会のしがらみ、人生をやり直したいとダグにすがる元恋人クリスタ。
交わるはずのなかったダグとクレアの運命の交差は、ふたりを危険で命懸けの道へと陥れていく――!
監督:ベン・アフレック(『ゴーン・ベイビー・ゴーン』
脚本:ピーター・クレイグ、ベン・アフレック
 チャック・ホーガン原作「強盗こそ、われらが宿命」(ヴィレッジブックス刊、原題“Prince of Thieves”)に基づく
出演:ベン・アフレック(『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『パール・ハーバー』)、レベッカ・ホール(『それでも恋するバルセロナ』)、ジョン・ハム(「マッド・メン」)、ブレイク・ライブリー(「ゴシップ・ガール」)、ジェレミー・レナー(『ハート・ロッカー』)
配給:ワーナー・ブラザース映画
US公開:2010年9月17日 初登場第1位
(C) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
『ザ・タウン』(原題)
2011年全国ロードショー
→ベン・アフレックの記事を探す