MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『インセプション』、公開2週間で100万人突破!

『ダークナイト』クリストファー・ノーラン監督が贈る次世代アクション・エンターテインメント超大作『インセプション』が7月23日に公開され、公開2週目にして100万人を突破いたしました。
●この夏、洋画実写作品No.1!!
7月23日(金)に全国525スクリーンで公開初日を迎え、先行3日間、初日3日間(金曜含む)の興行成績で、『借りぐらしのアリエッティ』『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』『トイ・ストーリー3』を抑え、初登場1位を記録。


その後も20~30代男女を中心に好成績をキープし、公開2週目にして動員数100万人を突破。
全米でも公開後の動員の下降が極めて少なく、好調を持続していることからも、日本でもこの夏の洋画実写作品としてはNo.1、興行成績も50億を見込んでいる。
先行 7月17日~7月19日 223,532人 290,812,300円
1週目 7月23日~7月29日 689,224人 860,206,800円
2週目 7月31日、8月1日 349,505人 402,328,100円
合計1,262,261人 1,553,347,200円
●リピーター続出! まさに『インセプション』現象
「人の頭の中に侵入する犯罪アクション」という斬新なアイディアを軸に、久々のハリウッド超大作への期待感と話題性、綿密に作り上げられたストーリーに、「一度見ただけでは全てを理解できない」「見るたびに発見がある」など、リピーター並びに作品をより理解するため「日本語吹き替え版」への動員も目立っている。まさに日本全国に「インセプション」現象が起き上がっている。
『インセプション』
丸の内ピカデリー1他にて全国大ヒット上映中!
→『インセプション』の記事を探す
→レオナルド・ディカプリオの記事を探す