MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者の真実」』トークイベント

現在公開中の映画、『ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者の真実」』にちなんでミック・ジャガーの誕生日、7月26日にトークイベントが行われました。
ゲストは、ストーンズのオフィシャル・フォトグラファーの有賀幹夫さんと、レコードコレクターズ編集長の寺田正典さん。
「メイン・ストリートのならず者」アルバムの70年代から現在のストーンズまでを徹底検証! 絶対に聞くことのできない貴重な裏側トークに会場は大盛り上がりでした。
ゲスト:
有賀幹夫さん(ストーンズオフィシャル・フォトグラファー)
寺田正典さん(レコードコレクターズ編集長)


有賀:レコードコレクターズで読んだんだけど、アンディ・ニューマークが、キースがものすごいミック・テイラーいじめをしててあれはやめるのも当然だって書いてあったよね。
当時バンドを去るものだけがぼろかすに言われてたけど、あれ読んですごくリアルな、バンドのぐちょぐちょした世界を見た気がした!
寺田:そうそう。アンディ・ニューマークのね。
有賀:ミック・テイラーとミック・ジャガーはとてもうまくいっていたもんね。
寺田:うまくいっていたどころか!
有賀:二人だけが参加の曲もある。「スウェイ」とかそうだよね。
寺田:ブルースのシンプルな曲は、実はミックジャガーの相手をミック・テイラーがつとめてるよね。
有賀:ミック・ジャガーは痛かったと思うけど、ギターソロの時代が終わったっていう時代の流れもあったかな。
しかしアンディー・ニューマークのインタビューは目からウロコだったな。
有賀:ブードゥー・ラウンジの時のツアーで、後ろの映像と同じタイミングでミックが出てきたんですよ。
それがかっこいいかは別として、そのバックの大きいモニターをちらちらっと見るんですよね。
ミックって、ナルシストなんだなって思った(笑)
寺田:モニターがあることでカメラにポーズ決めちゃうんだけど、それが結構ショックでしたよ。
あとキースがギター弾いてる時に、両手を挙げちゃったりね。え!キースがギター弾かなくていいの??みたいな。
有賀:ほんと。「オレはギター持ってどこへでも行ける」なんて嘘じゃん!て思いましたよ!
寺田:盛り上がるから分かるけど昔からのファンとしてはちょっと違うんだよね。
次回の来日では「ここでは盛り上がっちゃいけない講座」を開くって言うのはどうですか?(笑)
●『ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者の真実」』
1971年春、ローリング・ストーンズは税金亡命者(tax exiles)としてフランスに居を構えるため、イギリスを離れた。キース・リチャーズはカンヌ近くのコートダジュールにあるネルコートという別荘に暮らし、そこでストーンズの名作『メイン・ストリートのならず者』のほとんどの曲のレコーディングが行われた。
『Stones in Exile』では、ストーンズのメンバー自身の言葉と、イギリスを離れていた時期の膨大な未発表アーカイヴ・フッテージを基に、最高傑作とも評されるこのダブル・アルバムについてのストーリーを明かしていく。
出演:ミック・ジャガー(vo)、キース・リチャーズ(g)、チャーリー・ワッツ(ds)、ビル・ワイマン(b)、ミック・テイラー(g)マーティン・スコセッシ、ジャック・ホワイト、ドン・ウォズ、カレブ・フォロウィル(キングス・オブ・レオン)、ベニチオ・デル・トロ、ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)、シェリル・クロウ、アニタ・パレンバーグ、ロニー・ウッド、ジミー・ミラー(プロデューサー)、アンディ・ジョンズ(エンジニア)、ドミニク・ターレ(写真家)、ボビー・キーズ(サックス・プレーヤー)、リズ・フェア、他
監督:スティーヴン・キジャック
2010年/アメリカ、イギリス/61分/カラー/ドルビー・デジタル・ステレオ/英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、オランダ語、ポルトガル語
提供:ヤマハミュージックアンドビジュアルズ
配給・宣伝:アップリンク
『ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実』
アップリンク・ファクトリー、新宿ケイズシネマ、吉祥寺バウスシアターにて公開中!
→『ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実』の記事を探す
→ローリング・ストーンズの記事を探す