MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

北川景子・岡田将生出演 映画『瞬 またたき』公開決定

北川景子・岡田将生出演 映画『瞬 またたき』
至極のラブストーリーが6月19日(土)に公開決定!!
磯村一路監督最新作、北川景子・岡田将生出演『瞬 またたき』(SDP配給)が6月19日から新宿バルト9他全国公開することとなりました。
もし、一瞬で運命の選択を迫られたら、そこに愛する人がいたら、どうするだろう? その瞬間だからこそ生まれる、本能的な無意識の愛情がそこにはあるはず。本作は、二人の純粋な愛の形を衝撃的な演出で描いた物語である。「逃げない」で「真正面」から愛すること。こんな当たり前な愛の表現が観るもの全ての心を掴む。交通事故で大切な恋人を失い、事故のショックで最期の記憶までも失ってしまった主人公。なぜ私だけ・・、と痛みに耐えながらも、最期の記憶を取り戻そうと決心する。助かるはずの無い事故。あの日、あの一瞬に何が起こっていたのか?
主演は北川景子(23歳)。昨年末に発表された「Yahoo!ネット番付2009」にて“今年主演で輝いた女優は誰?”のアンケートで投票総数168万票の結果“綾瀬はるか”“宮崎あおい”らを抑え、堂々の第1位を獲得し、まさに本年最注目の女優。


また北川の恋人役となるのは、岡田将生(20歳)2009年公開作品、『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』などの主演級作品4本の好演が評価され本年の「日本アカデミー賞 新人俳優賞」を筆頭に各賞を総なめ。人気面でもoricon style発表の「2010年期待の若手俳優ランキング」で第1位、同じく「Yahoo!ネット番付2009」男優部門で小栗旬、松山ケンイチに次ぐ第3位を獲得するなど、まさに人気と実力を兼ね備えた次の映画界を支える俳優へと成長しつつある岡田将生を起用。
また、主題歌はK(CXドラマ「1リットルの涙」の主題歌『Only Human』)の新曲『会いたいから』に決定しました。
北川景子(23歳)コメント
愛する人を事故で失い、一人残された泉美が事故の真相を知るために、辛い現実と向き合い、だんだん再生していくところが見どころです。(役作りについて)恋人を失う気持ちに少しでも近づけるのではないかということで磯村監督からいただいたPTSD(心的外傷)についての本を読み、大切な人を失ったらどのようなショックを受けてどのような症状が出るのかということを勉強して演じました。
岡田将生(20歳)コメント
北川さん演じる、泉美の一人の男性を愛し、起きた現実と向きあう姿勢を見てほしいです。役作りという形ではなく、自然体で現場に入り、監督と話し合いながら淳一を演じました。
原作者:河原れん
痛ましい事故の一瞬を磯村監督は(おそらく原作よりも)リアルに描写しています。けれど、そのシーンがあるからこそ泉美と淳一の瑞々しく切り取られた日常がより鮮やかに心に残る。なにげない日常とそこにひそむ儚さの対比が強いコントラストで切り取られ、予期せぬ一瞬で永遠に失ったものへの愛情が磯村監督らしい静けさの中で鮮やかに描かれていると思いました。
●ストーリー
美大生の淳一(岡田将生)と泉美(北川景子)は恋人同士。幸せな日々は、いつまでも続くはずだった。ある日、バイクで花見に出かけた帰り、トラックとの衝突事故に遭い、泉美だけが助かることに。そのショックで事故当時の記憶を失ってしまう泉美。なぜ私だけ・・・、と悲しみを抱えながら生きる泉美は、弁護士・真紀子(大塚寧々)との出会いをきっかけに、淳一の最期の記憶を取り戻そうと決心する。あの日、あの一瞬に何が起こっていたのか? なぜ私だけ助かったのか? 真実を知る恐怖と葛藤しながらも、封じ込められた記憶をたどっていくと、そこには、彼が最期の一瞬に込めた衝撃の愛の奇跡が隠されていた。
出演:北川景子、大塚寧々、岡田将生、史朗、永島暎子、深水元基、千崎若菜、田口トモロヲ、徳井優、森下能幸、ジョニー吉長、清水美沙、菅井きん
監督・脚本:磯村一路
原作:河原れん著「瞬」(幻冬舎文庫)
主題歌:K「会いたいから」(Sony Music Records)、音楽:渡辺俊幸
撮影:柴主高秀
照明:豊見山明長
美術:新田隆之
装飾:藤田徹
録音:滝澤修
編集:菊池純一
記録:柳沼由加里、
助監督:安達耕平
キャスティング:南谷夢
製作担当:高橋誠喜
アシスタントプロデューサー:高橋樹里
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:S・D・P
宣伝協力:KICCORIT、アルシネテラン
(C)2010「瞬」製作委員会
『瞬 またたき』
6月19日より新宿バルト9他全国ロードショー
→『瞬 またたき』の記事を探す
→北川景子の記事を探す