MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『処刑人II』 日本公開決定のお知らせ

『処刑人II』
日本公開決定のお知らせ
ソニー・ピクチャーズではショーン・パトリック・フラナリー、ノーマン・リーダス主演、トロイ・ダフィー監督による『処刑人II』を、5月に新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショーすることが決定。
前作『処刑人』は2001年2月17日に渋谷東急3ほかにて全国公開され、興行収入約1億円をあげるスマッシュヒットを記録。その過激なアクションと痛快なストーリーが話題となり、その後発売されたDVD(VHS含む)ではレンタルで約27,000枚本を売り上げ、セルでも累計約56,000枚本を出荷。廃盤となった今もレンタル店で回転し続けている息の長い人気作品である。
そして、その劇場公開から10年目にあたる今年、ついにその続編が日本でも公開される。


スタッフ、キャストは前作と同じオリジナル・メンバーが奇跡の再集結。まさに正当派の続編が満を持しての登場である。日本に先駆け昨年10月30日に公開された全米では、8週連続でベスト20位圏内をキープ、当初の68スクリーンから524スクリーンにまで拡大しロングランヒット。約1,000万ドル(※1)の興収を上げ改めて人気の高さを証明した。
日本では5月の公開に先駆けて4月28日(水)に前作『処刑人』DVD(発売・販売ソニー・ピクチャーズ)が1,980円(税込)で再発売が決定しており、地上波での初オンエアも予定している。
「1作目の公開からちょうど10年目に、大好きな日本で続編が公開されるのは本当に嬉しいよ!」とトロイ監督もコメント。
1作目の公開から10周年目にあたる今年、ソニー・ピクチャーズは“『処刑人』イヤー!”と銘打ち、様々なメディアを巻き込む一大ブームの醸成に取り組んでいきます。
●ストーリー
全米を取り仕切るイタリアン・マフィアのボスを衆人環視の法廷で処刑してから8年、あの“処刑人”マクマナス兄弟が帰ってきた。発端はボストンの教会で殺された神父。それは、“処刑人”に送りつけられた挑戦状だった。アイルランドで平穏な生活をしていた兄弟は、汚名を晴らすためにボストンに戻り、再び“処刑人”として正義の戦いを開始する!
参考データ
※1:Cinema Solutions “MOVIELINE INTERNATIONAL”2009.10.30-12.20 BOX OFFICE SUMMARY Variety”BoxOfficeNews”2010.1.11記事
出演:ショーン・パトリック・フラナリー ノーマン・リーダス ビリー・コノリー ピーター・フォンダ ジュリー・ベンツ ジャド・ネルソン 他
監督:トロイ・ダフィー
脚本:トロイ・ダフィー&テイラー・ダフィー
製作:クリス・ブリンカー/ドン・カーモディ
製作総指揮:ロイド・セーガン/ロブ・フリード
編集:ビル・デロンド/ポール・カンパータ
音楽:ジェフ・ダナ
題名:処刑人II
原題:BoondockSaints2:All Saints Day
上映時間:1時間57分
製作年度:2009年 アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/配給協力:エスピーオー
レーティング:PG-12
『処刑人II』
5月 新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー!
→『処刑人II』の記事を探す