MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』大ヒットスタート! 原作本売上げ3倍に!

映画レビュー、Twitterでも話題が集中! 原作本売上げ3倍に!
★都会の30~40代を中心に集客!
1月16日(土)、渋谷シネマライズ他にて公開となりました『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のご報告です。
都市圏では渋谷シネマライズ、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋、TOHOシネマズららぽーと横浜、川崎チネチッタ、形成ローザの6館、福岡ではユナイテッドシネマ・キャナルシティ、TOHOシネマズ久山の2館の全国8館にてスタートしましたが、サービスデーで前日火曜日対比150%となるなど、堅調なスタートとなっております。


すでに50万部を売上げ、公開後劇場周辺の書店では3倍の売上げとなった原作本のファン層である、30代~40代のカップルを中心に集客しております。
Yahoo!映画レビューも絶賛評や続編公開を期待する多くの書き込みで、4点以上の高得点をキープしています。
Twitter上でも<ミレニアム>について、観てから読むか、読んでから観るかの論争がおこっています。
●『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』公開5日間数字
1/16(土) 2,117人/2,992,700円
1/17(日) 1,727人/2,425,000円
1/18(月) 727人/947,500円
1/19(火) 908/1,074,400円
1/20(水) 1,413人/1,553,000円
累計6,892人/8,992,600円
●ストーリー
40年前の少女失踪事件から導かれる驚くべき真実。謎解きミステリーの面白さ、そして驚愕のクライマックスが観客をとりこにする、北欧発今世紀最高の驚異のミステリー・エンタテインメント。
ノオミ・ラパスが演じるヒロイン・リスベットは、鼻ピアスにタトゥーに、150センチの華奢な身体の天才ハッカー。映画史上最強のヒロインの誕生に世界が熱狂し、スウェーデン発の映画3部作はヨーロッパ各国で本年度No.1の大ヒットに!
原作:スティーグ・ラーソン『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』
(早川書房)
監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
出演:ノオミ・ラバス、マイケル・ニクヴィスト、スヴェン・バーティル・トープ、ステファン・サウク
提供:パラディソ×ギャガ×テレビ朝日×ドリームシェア×デイライト
配給:ギャガ
後援:スウェーデン大使館
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
1月16日(土)よりシネマライズ他絶賛公開中!
関西・中部・北海道は1月30日(土)より公開!
→『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の記事を探す