MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『マイレージ、マイライフ』ナショナル・ボード・オブ・レビュー主要最多4部門受賞!

『マイレージ、マイライフ』
アカデミー賞の前哨戦
ナショナル・ボード・オブ・レビュー
主要最多4部門受賞!
(作品賞・主演男優賞・助演女優賞・脚色賞)
『マイレージ、マイライフ』(原題Up In The Air)は、現地時間3日(日本時間4日未明)にアカデミー賞の前哨戦と呼ばれる映画賞の一つ、ナショナル・ボード・オブ・レビューが発表された。
そこで、話題作がひしめく中、作品賞・主演男優賞・助演女優賞・脚色賞の主要最多4部門の受賞を果たした。
本映画賞は、過去2年連続でアカデミー賞受賞作の『スラムドッグ・ミリオネア』『ノーカントリー』が最優秀作品賞を受賞しており、この賞の結果がオスカーを占うとも言われており、改めて最有力候補として注目を集めている。


なお、先に発表されたサテライト賞(国際プレスアカデミー/IPA主催)でも主要6部門にノミネートされており、これからの賞レースへの期待が高まっている。
人を“きる”職業の敏腕リストラ宣告人が、人と“つながる”ことに気づいたとき・・・。
時代を切りとる名手ジェイソン・ライトマン監督が贈る、“今”観るべき人間ドラマの傑作。
年間出張322日、企業のリストラ対象者に解雇を通告するプロフェッショナル、“リストラ宣告人”ライアン・ビンガム。人生の“荷物”を持たず、夢の目標1000万マイル達成だけが彼の存在証明。そんな彼の人生に、予期せぬ転機が訪れる。
いつも人に囲まれていながら、人とつながっていない彼に降りかかる様々な人間関係を通して、現代社会と“今”のあなたが見えてくる。
人間を深く温かく見つめたドラマ、知的でリアルなスパイス、ここに時代が求める、心に沁みる傑作が誕生しました。
リストラ、転職、ネット社会、シングルライフ、ポイント生活、ワークライフバランス──現代社会を切り取るキーワードを作品として見事に結実させたのは、『サンキュー・スモーキング』、アカデミー受賞作『ジュノ/JUNO』で世界を驚かせた32歳の俊英ジェイソン・ライトマン。
軽快な語り口でシニカルな題材に鋭く切り込む演出は、近年のハリウッド映画が忘れてしまったものだけに世界各国の批評家が絶賛。
リストラ宣告人を演じるのは、『オーシャンズ』シリーズから、アカデミー賞(R)受賞作『シリアナ』『フィクサー』まで、幅広い演技力を持つ名優ジョージ・クルーニー。
彼のキャリアの集大成的名演を披露します。
『マイレージ、マイライフ』
2010年3月20日よりTOHOシネマズ シャンテ他にてロードショー
→『マイレージ、マイライフ』の記事を探す
→ジョージ・クルーニーの記事を探す