MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『2012』ジャパンプレミア開催レポート

2012年もしも世界が終わるなら・・・
残したいモノ大発表&タイムカプセルにメッセージ!
日本が残したいコメディアン 欽ちゃん初登場!
2012年、12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる??
マヤ文明が予言した「2012年地球滅亡の日」を、あらゆる天変地異が世界を襲う大迫力の映像で描き出したディザスター映画『2012』(読み:にせんじゅうに)の11月21日の日本公開に先立ち、ジャパンプレミアを行いました。
イベントでは、「2012年、もしも世界が終わるなら、残したいモノ」各部門(映画・音楽・本・最後に一緒にいたい人)を大発表。そのプレゼンターのひとりとして、“日本が残したいコメディアン”欽ちゃん(萩本欽一さん)が登場しました!
なんと 欽ちゃんは映画のレッドカーペット・イベントには初登場!
そして、各プレゼンターのみなさんと、来日した本作スタッフ・キャストには、タイムカプセルにメッセージを入れていただきました。
『2012』ジャパンプレミア
日時:11月17日(火) 18:40 イベント開始
場所:六本木ヒルズアリーナ
登壇者:ローランド・エメリッヒ(監督)、ハラルド・クローサー(プロデューサー)、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、モーガン・リリー、リアム・ジェームズ
日本人プレゼンター:萩本欽一さん、神田うのさん、上野由岐子さん、江原啓之さん


あいにくの雨模様にも関わらず、ムービー40台、スチール80台のマスコミ、そして約800人の観客が会場に駆けつけました。そこへまず日本人プレゼンターの皆さんが登場。日本を代表するコメディアンであり演出家の萩本欽一さんが、タレント、デザイナーとして活躍する神田うのさんをエスコート。またソフトボール北京オリンピック金メダリストの上野由岐子さんを、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之がエスコートして現れました。
●TSUTAYAオンライン2012オリジナルWEBサイトで、「2012年、世界の終末が訪れるとき、あなたが残したいもの」というテーマでアンケートを実施。まずその発表が行われました。
「2012年、もしも世界が終わるなら、残したいもの」各部門
(映画・音楽・本・最後に一緒にいたい人)発表
(プレゼンターによる発表は1位のみ)
映画部門:萩本欽一さんによる発表
1位『タイタニック』、2位『おくりびと』、3位『ショーシャンクの空に』
 Q:萩本さんにとって残したい映画は何ですか?
 ─私は『ジョーズ』ですね。好きなんですよ。これ以降映画は観ていないかも(笑)
 それより寒いのに、後ろで風が吹いてるんだけど…立派なお家をありがとう。(演出にツッコミ・会場笑)
本部門:神田うのさんによる発表
1位「ハリー・ポッターシリーズ」、2位「聖書」、3位「ノルウェーの森」
 Q:神田さんは最近ご自身でも本を出版なされていますが、神田さんにとって残したい本はなんですか?
 ─はい、最近私も『ミセスUNO』という本を出したのですが、それは残さなくても、ファンの方々に喜んでもらえれば満足。
 私だったら稲森和夫先生の『生きる』を選びます。
音楽部門:江原啓之さんによる発表
1位「マイケル・ジャクソン」、2位「ビートルズ」、3位「クラシック」
江原さんはバリトン歌手というお立場でもありますが、江原さんにとって残したい音楽は何ですか?
 Q:私は洋楽だったらABBAですかね。でも日本の曲でも古いものから現代のものまで素晴らしいものはたくさんありますよね。
最後に一緒にいたい人部門:上野由岐子さんによる発表
1位:恋人、2位:夫や妻、3位:親
 Q:一番は『恋人』という結果でしたが上野さんはいかがですか?
 ─私も2012年までに彼氏がいたらそうしたいですね。
 それまでに彼を見つけないと…(笑)
 でもやっぱり両親、ですかね。
●タイムカプセルのお披露目!
続いてプレゼンターの皆様、監督、キャストの皆様に「2012年12月21日を迎えた、大切な人へのメッセージ」をメッセージカードに記入いただき、タイムカプセルへ。会場にお越しの皆様にも受付で配布し、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われる試写会終了後に、回収。回収させていただいたメッセージカードは、2012年12月21日にご指定の送付先に送ります。
・ゲストの皆さんのメッセージはこちら:
神田うのさん
ダーリン=夫に書きました。
結婚して5年が経ったけれど、今の方がお互いを理解しているかな? もっと好きでいるかな? 夫婦として成長しましたね。これからもよろしく。
江原啓之さん
私を育んでくれた地球、全ての人々、愛する家族へ。
この地球に抱かれて、多くの人に育んでいただき、そして愛する家族と出会えて私は幸せでした。日頃口にはだせずにいましたが、大切な言葉を皆さんに言い忘れています。それはありがとう。すべてにありがとう。
萩本さん:カッコ良すぎだよ!
江原さん:でもこの映画を観るとそんな気持ちになるんですよ!
上野由岐子さん
両親へ。
お父さん、お母さん、私を生んでくれてありがとう。そして私をソフトボールに出会わせてくれたみなさんに感謝します。
フォトセッションの後、いよいよ来日キャストがレッドカーペット登場!
ディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ監督コメント
─今日は雨の中ありがとう。皆さんの支えがあってのこと。心から感謝しています。
 私からは共同プロデューサーであり、偉大なコンポーザーであり、親友であるハラルド・クローサーを紹介させてください。
エメリッヒ監督とは数々のヒット作でコンビを組んできたプロデューサーであり親友でもあるのハラルド・クローサー
─ローランドの紹介、心に響きました。ありがとう。
 この映画の見所は、最初のフレームから、最後のエンドロールが全て終わるところまでです。みなさんつまり最初から最後まで楽しんでください!
 私からは、これから皆さんに一番映画にとって大事な人を紹介しましょう。
 私たちは紙に書くだけの仕事ですが、実際の演じているこの方々です。
本作で主人公の別れた妻「ケイト」役の女優アマンダ・ピート
─初来日でとってもうれしいです。寒い中ありがとう。皆さん愛してます。
 この映画も愛してくれるとうれしいです。
息子ノアを演じたリアム・ジェームズ
─こんにちは。東京に来れてうれしいです。監督がいなければ僕はここに来れなかったでしょう。皆さんに感謝しています。
娘役を演じたモーガン・リリー
─みんなハロー! 楽しんでる? 映画を楽しんでもらえるとうれしいです!
世界終末の危機を知り別れた家族を守っていく本作の主役ジャクソンを演じたジョン・キューザック
─東京の皆さんこんにちは。リアムとモーガンの後は気が引けるなぁ(笑)
 みんなと来れてうれしく思っています。
 東京は世界で最後にプロモーションで来ました。
 熱い想いの方々が集ってくれて感謝しています。
 この映画のために神経を注いで来ました。楽しんでください。
ここで来日キャストも、タイムカプセルにメッセージを入れました。
キャストのメッセージ内容コメント:
ローランド・エメリッヒ監督
マヤ暦によると、2012年に世界が終末を迎えます。この映画ではかなり破滅を描いていますが、そういうとき、家族は一つになれるのだということも描いています。カーティス一家が今日ここに集まっているのは、とても感慨深い思いです。
私はよく冗談を言っている甥のフェイバーに、君と一緒に居たいよ、というメッセージを残したいです。
ハラルド・クローサー(脚本、製作、作曲)
脚本を書くとき、どうしても家族のことをいれこんでしまうのですが、息子イアンと娘テレサに。どこにいようと、何があろうと、僕の愛は君たちのものだよ、と伝えたいです。
アマンダ・ピート
私は家族ではなくオバマ大統領に(笑)
4年間ありがとう。もう少しいていただきたいです。私たちにはあなたが必要です。
リアム・ジェームズ
家族へ
素晴らしい家族に出会えて、僕の人生はとっても有意義なものになりました。
みんな大好きです。
モーガン・リリー
私も家族のみんなに
私の家族はすごい。いつも私を応援してくれるから。
今楽しみながら、これからしっかり返していきたいです。
彼らなしには生きていけません。感謝しています。ありがとう。
ジョン・キューザック
まだ映画を撮ったことが抜け切れていないので・・・
本作を撮り終えたときは「お母さんやったよ!と思いましたが、今度はおばあちゃん、やったよ!」と伝えたいですね。
スペシャルゲスト萩本欽一さんのメッセージ内容コメント:
萩本欽一さん
私は大好きなギャグをひとつ。母と子の会話です。
子供が「毎日お弁当が梅ぼしだけじゃないか」というとお母さんが「梅干の置く位置は毎日変えてるわよ、と。・・・
あ、外国の方々にもウケてますね!
客席の皆さんと一緒に1・2・3の掛け声をし、タイムマシンに入れられました。
最後に監督ローランド・エメリッヒよりご挨拶
ローランド・エメリッヒ監督
来てくれて、支えてくれてありがとう。I LOVE YOU!!
●作品情報
2012年12月21日 全世界60億人が直面する、世界終末の日。その時、あなたは?
イエローストーン国立公園。子供たちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎の男チャーリー(ウディ・ハレルソン)から”地球の滅亡”が訪れることを知らされる。さらに、その事実を世間に隠している各国政府は、密かに巨大船を製造し限られた人間だけを脱出させる準備に着手しているという。初めは信じなかったジャクソンだったが、ロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生し…。そして、アメリカ全土へと拡大する、大地震、大津波、大噴火。別れた妻・ケイト(アマンダ・ピート)と二人の子供を守るため、ジャクソンは家族と共に巨大船がある地を目指す。しかし、彼ら一家を追うように、未曾有の大天災が次々と地球を呑み込んでいく─。
出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、キウェテル・イジョフォー
監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー
原題:2012
上映時間:2時間38分
製作年度:2009年 アメリカ映画
全米公開:2009年11月13日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『2012』
11月20日(金) 前夜祭開催(一部劇場除く)
11月21日(土) 丸の内ルーブルほか全国ロードショー
→『2012』の記事を探す
→エメリッヒの記事を探す