MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『イングロリアス・バスターズ』来日記者会見&ジャパン・プレミア開催

●『イングロリアス・バスターズ』来日記者会見 開催レポート
ブラッド・ピット&タランティーノの2ショット、日本初お披露目!!
映画業界の常識をブチ壊す衝撃のキャンペーンも発表!!
新作を発表する度にセンセーションを巻き起こし、世界中の映画シーンを根底から揺るがす鬼才クエンティン・タランティーノ。その彼が世界のスーパー・スターであるブラッド・ピットとタッグを組んだ最新作『イングロリアス・バスターズ』が11月20日(金)に公開します。世界各国で大ヒットを記録した本作は『キル・ビル』『パルプ・フィクション』などの記録を塗り替え、タランティーノ監督作品で過去最大のヒット作となっています。
そんな“バスターズ旋風”を世界に巻き起こしている強力なタッグ、クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピット、さらにはもう一人の主演女優ヒロイン、メラニー・ロランが緊急来日。日本在住のジュリー・ドレフュスも加わり11月4日(水) ザ・リッツ・カールトン東京 グランドボールルームにて記者会見を開催しました。
監督、俳優として、それぞれ世界のトップに君臨するタランティーノとブラピの2ショットは日本で初めてお披露目ということもあり、ムービー50台、スチール150名を含む400名がつめかけた中、質疑応答が行われました。


クエンティン・タランティーノ コメント(以下Q)
本当に今日は皆さま来ていただいてありがとうございます。
ブラッド・ピット コメント(以下B)
また日本に来れたことも嬉しいですがタランティーノ監督の作品で来れたことがとても嬉しいです。
メラニー・ロラン コメント(以下M)
日本に来るのもタランティーノ監督の映画出演も初めてなのでとても嬉しいです。
ジュリー・ドレフェス コメント(以下J)
今日は本当にありがとうございます。タランティーノ監督の出演は2回目ですが、本当に光栄です。
MC:今回ナチスドイツを扱った映画を作った理由は?
Q:“始めは戦争映画を作りたい”という思いからだったけれど脚本を作り込むうちにキャラクターやストーリーに深みが出てきた。
とにかく戦争を題材にしたものが作りたかった。
ブラッド・ピットを起用した理由は?
Q:10年前から脚本を作ったが、アルド・レインという役はその時から設定していた。2008年に改めて俳優を考えた時、一番に浮かんだのはブラッド・ピットだった。
でも彼は地球最大の映画スターなんで、断られたらどうしようかと思っていたよ。実際にはお互いのキャリアやタイミングでベストの時に一緒に仕事ができたと思っているよ。
MC:この作品やタランティーノのシナリオは俳優としてどう考えていますか?
B:この作品のシナリオの存在は8年前からハリウッドで神話化していたんだ。そのシナリオが僕に振られるとは思ってなかった。
アルドの役は始めはタランティーノが演じると聞いていたのに、それを僕に譲ってくれたんだからなるべくシナリオから変えない様に演じたよ。
MC:今回最強のタッグと言われていますが、そのことはどう思いますか?
B:この映画のキャスト・スタッフ共に世界中から素晴らしい人が集められて、それがこの映画の一番リッチな部分です。
Q:映画のファンとしてはキャストと監督の間に絆が生まれるということは、素晴らしいことだよね。
 スコセッシとデ・ニーロ、黒澤と三船、深作と千葉みたいな感じでね。
MC:この作品に出演してどうでしたか?
M:私は英語があまり話せないからハリウッド映画に出ることはあまり夢ではなかったけど、タランティーノの映画となると話は別よ。
夢のような気分でした。この映画はカンヌ(映画祭)の直前まで撮影してたので、カンヌで皆揃って見られて、夢が続いているみたいでした。今ここにいられることもまだ夢が続いているみたいです。
J:『キル・ビル』のときも出演しましたが、またこの作品のオファーがもらえてとても嬉しかったです。
彼はスクリプトを送ってくれて、私のために役を書いてくれました。とてもラッキーです。
私はタランティーノファミリーの一員かなと思ってます。
Q:これはジュリーのための役だよ。彼女はもちろん僕のファミリーの一員だよ。
MC:今回の来日で楽しみにしていることは? バイク事故にあって大丈夫でしたか?
B:日本のバイクメーカーは最高ですから。ぜひ見に行きたいです。バイクの事故はけがはなかったけど、パパラッチから逃げたらかえってネタになってしまいました(笑)。
MC:メラニーを起用した理由は何ですか?
Q:アルドと共に十年間温めたとても大切な役です。ただ、フランス語を話してユダヤ系の女優は誰かわからなかったので運命を信じるしかなかった。
メラニーは始めのオーディションではベストではなかったけど(笑)、チャーミングなところが印象深かった。
実際、彼女とダニエル・ブリュールに演じてもらった時に、MGMの名作映画を見ているようにゴージャスで一緒に食事をすると彼女はとてもクールで、そして彼女の出演作を見ると感情表現が素晴らしかったので彼女に決めました。
MC:今回のファンキーなキャラクターはユーモアがあって、話し方に癖がありますがどのようにしましたか?
B:私のアクセントは私の出身地にとても近いので、それにメロディを付けました。
MC:タランティーノ監督と他の監督の違いは何ですか?
B:この映画のセットに入ると彼のエネルギーに満ちていて、いろんな言語が飛び交っている。僕にとってその中で、お互い理解を深めていくその体験がとても素晴らしい体験でした。
MC:最後に一言
B:本当に温かい歓迎ありがとう。とても楽しくこの映画を作りました。皆さんも楽しんでください。
M:今回、この映画で日本に初めて来られて嬉しいです。この映画ぜひ楽しんで観てください。
J:日本の女性の皆さん、この映画は戦争映画とは思わず観てください。素晴らしい女性が活躍している映画です。
Q:この映画を一生懸命楽しんで作りました。ぜひ楽しんでください。
また、会見ではタランティーノ監督から前代未聞のキャンペーンも発表された。その名も“面白さタランかったら全額返金しバスターズ”。これは11月20日の公開初日から11月23日の祝日までの4日間限定のキャンペーンで、上映開始後約60分の時点で、「面白くない」と判断して途中退場された観客に鑑賞料金を全額返金するというもの。一部劇場を除く全国約300館で実施する異例の大キャンペーンであり、タランティーノ監督史上最高傑作とも言われる本作への自信のほどが窺える試みであり、洋画不振が続く映画業界へ一石を投じる画期的な試みといえる。
クエンティン・タランティーノ コメント
キャンペーンは日本からの提案だったけれども、やってやろうじゃないかという気になったよ。
60分で出て行きたい人はどうぞ出て行ってくれ。後は最後まで観ている人が楽しめるはずだよ。
●『イングロリアス・バスターズ』ジャパン・プレミア 開催!
“イエロー”カーペットにタランティーノ監督、ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、ジュリー・ドレフュス登場
今世紀最大の衝撃作の全貌がいよいよ明らかに!!
キャンペーンのためタランティーノ監督と主演のブラッド・ピット、メラニー・ロランが緊急来日しました。そして、日本在住のジュリー・ドレフュスと共に東京国際フォーラムにて映画にちなんだレッドカーペットならぬ“イエロー”カーペットイベント及び舞台挨拶に登場しました。今回、監督、俳優として、それぞれ世界のトップに君臨するタランティーノとブラピが日本のファンの前に登場するということもあり、会場には約200人の取材が入り、更に限定100名の熱狂的なファンと会場に入りきれなかった800人以上に及ぶファンも詰め掛ける盛況ぶり。
タランティーノ監督、ブラッド・ピットらキャスト人は、黄色一色に染まった会場にこれまた黄色い歓声が響き渡る中、日本のファン達の声援に全力で応え、会場内のファンの握手やサイン、写真撮影に快く応じました。舞台挨拶ではタランティーノ監督とキャストとの掛け合いに会場は大うけ。 世界で巻き起こった“バスターズ旋風”は、例外なくここ日本にも上陸、場内は最高潮に盛り上がりました。
クエンティン・タランティーノ コメント(以下Q)
(日本語で)ドウモアリガト。
この服はサニー千葉さんからいただきました。
やっとこの作品を日本で公開できるのが本当に嬉しい。
この作品で世界を周って来て日本が最後の国なので、素晴らしい花火になるでしょう!
ブラッド・ピット コメント(以下B)
(日本語で)ドウモアリガトウ。
皆さんに会えて本当に嬉しい。また、この映画に出られて嬉しいです。
タランティーノ監督の映画はバイオレンスもあるけど、シナリオもセリフも素晴らしい。
彼はこの映画を長い時間をかけて作り上げ、真のタランティーノ映画を完成させた。
メラニー・ロラン コメント(以下M)
(日本語で)コンバンハ。
友達から“東京は素晴らしいところ”と聞いていたけど、本当にそうですね。
しかも、タランティーノ監督と一緒に来れるなんてとても嬉しいです。
ジュリー・ドレフェス コメント(以下J)
(日本語で)皆さん、こんばんは。今日はこんなに大勢のお客さまにお集まりいただき、大変光栄です。
(流暢な日本語に会場は大拍手。)
MC:役作りで心がけたところは?
B:タランティーノが描くキャラクターはシナリオに細かく地図が書かれているから、僕たちはその通りにやれば良かったんだよ。
MC:ハリウッド映画に出演した感想は?
M:たくさんの俳優・女優がアメリカでデビューしたいと思っているけど、私はタランティーノ監督と仕事ができたことが嬉しい。
MC:今回の作品に出演していかがでしたか?
J:こうやって『キル・ビル』の後もタランティーノ監督と一緒に仕事ができて嬉しいです。この役はタランティーノ監督からの贈り物です。
タランティーノ監督がキャストに当てて役を作るのは珍しいことなので、大変喜んでいます。タランティーノファミリーになれて光栄です。
MC:日本のファンの皆さんに一言
Q:皆さん、本当にお越しいただいてありがとうございます。僕たちが楽しんで作ったこの映画、皆さんも楽しんで観てください!
●スタッフ・キャスト
監督・脚本: クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイアン・クルーガー、ジュリー・ドレフュス、マイク・マイヤーズ、サミュエル・L・ジャクソン(ナレーター出演) ほか
『イングロリアス・バスターズ』
11月20日(金)よりTOHOシネマズ日劇他にて全国ロードショー
→『イングロリアス・バスターズ』の記事を探す
→ブラッド・ピットの記事を探す