MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『銀魂』が待望の映画化! 『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』

累計2800万部を超える週刊少年ジャンプの看板コミック『銀魂』が待望の映画化!
人気キャラクター総動員で贈る、天下無敵の痛快エンターテイメント!!
『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』
2010年GW 全国ロードショー
2003年から週刊少年ジャンプで連載開始し、単行本の発行部数は現在までに2800万部を超える、ジャンプの看板コミック『銀魂』。2006年からはテレビ東京系列でアニメ化され、DVDは累計100万枚以上(セル・レンタルあわせて)を出荷する人気作。2009年3月に発売した主題歌集CD「銀魂BEST」は出荷数21万枚を超える大ヒットを達成! ファンからの「ぜひ映画化を!」という期待に応え、今回満を持して長編アニメーション映画として製作されることが決定しました!


『銀魂』の舞台はパラレルワールドの江戸。宇宙人・天人(あまんと)の来襲を受け、突如価値観が変わってしまった世界。世俗や流行、常識は2009年の日本に非常に近い、宇宙人、高層ビル、バイクに電車などなど何でもありのこの世界で、変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。その男の名は坂田銀時。普段は脱力系だが本気を出すとめっぽう強い、通称・万事屋・銀さん。そして、相棒でアイドル追っかけの志村新八、怪力宇宙人で美少女・神楽の三人が、江戸に起こるさまざまな難題を解決すべく奮闘する物語。
そして、劇場版の内容は、妖刀“紅桜”を巡って銀時と宿敵・高杉晋助が壮絶な戦いを繰り広げる、シリーズ中で最もスケールの大きいエピソード「紅桜篇」。この名作エピソードが新たな解釈で蘇ります!!
劇場公開は2010年ゴールデンウィーク。配給はワーナー・ブラザース映画。
『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』
2010年GW 全国ロードショー
(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
→『銀魂』の記事を探す
→アニメの記事を探す