MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『2012』フッテージ世界最速上映決定

『2012』(にせんじゅうに)
日本公開日11月21日(土)に決定
46年ぶりの皆既日食の日から地球滅亡のカウントダウンが始まる!!
『2012』来日&フッテージ世界最速上映が決定
日本では46年ぶりとなる皆既日食が起きる7月22日(水)に、2009年後半の最大の話題作『2012』(にせんじゅうに)が日本で、その隠されたヴェールの一端を脱ぐことが判った。
天文学や数学に長け、高度に発達しながらも謎に包まれたまま消滅した古代マヤ文明。
マヤ人のカレンダーであるマヤ暦は極めて正確なものとして知られているが、その暦は西暦2012年の12月21日で突如終わっている。
いつのころからか、その理由は「2012年には地球が滅亡する」というのが西洋世界では通説となり、多くの書物が著され、数多くの人がこの説に現実的な恐怖を抱いている。
この2012年を舞台に、その終末世界と人類が生き残れるかどうかを描いた超大作が『2012』である。


『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』など、過去幾度も“地球的危機”を描いてきたエメリッヒ監督がついに地球の滅亡を描き出す!
そして、人類への警鐘となるこの映画のフッテージの初披露、初会見の場として選ばれたのが、皆既日食が起こる日本。
古来、ギリシャ神話のアポロンや日本の神話世界の天照大神に代表されるように、世界各地で太陽は神そのものだった。
その太陽が欠け、消えてしまう日食は、最も忌み嫌われる凶兆であり、こうした天変地異を事前に判るように暦や天文学は発達してきたのである。
なお、日食の日に世界に向けて発信するこの『2012』。
この年は、あの1999年から13年後であり、本作の全米公開は今年の11月13日の金曜日。不吉な数字との因縁を感じざるを得ない。
●映画『2012』皆既日食 記念イベント
この日は46年ぶりの”天変地異”を、23区内で太陽に最も近い場所=六本木ヒルズ森タワー屋上 東京シティビュー「スカイデッキ」(標高270m)から、本作のローランド・エメリッヒ監督とリアルタイムで観測します。
同所は一般の人が立ち入ることができる場所としてはサンシャイン60、東京タワー展望台などよりも高く、今回は六本木ヒルズの「六本木天文クラブ」と映画『2012』のコラボイベントとして実現しました。
ちなみに、この場所が23区内で最も高い場所という事実は、未来永劫破られないかもしれません。
なぜなら、地上350mに展望台が出来る予定の東京スカイツリーの完成予定は2012年だからです。
●作品情報
『2012』
世界が2012年に終わる黙示録的予言を描いたディザスター超大作!
世界中の文化や、宗教、そして科学者や政府にとってこれほどまでに重要な年は有史以来はじめてとなる。
『2012』は世界の終末を引き起こす大洪水、津波、火山の噴火、氷河の溶解と、あらゆる天災が人類を襲い、生き残った人々の英雄的な苦闘を描いたアドベンチャー大作。『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督が、壮大なスケールと驚異の映像で放つディザスター超大作。
出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン
監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローザー
原題:2012
上映時間:未定
製作年度:2009年 アメリカ映画
全米公開:2009年11月13日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『2012』
11月21日(土)、丸の内ルーブル他全国ロードショー!