MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『天使と悪魔』興行収入 初登場No.1スタート

『天使と悪魔』
≪興行収入 初登場No.1!≫
大ヒットスタート!
『ダ・ヴィンチ・コード』の続編 『天使と悪魔』が5月15日(金)に遂に全世界同時公開!
日本では全国722スクリーン(字幕:438、吹替:284)で公開され初日から3日間<15日(金)・16日(土)・17日(日)>で観客動員53万394人、興行収入6億8178万2300円という成績を上げ、初登場No.1の大ヒットスタートとなった。
北米でも15日(金)に3,527館で公開、北米を除く海外での公開館数は10,468館(公開日が遅いメキシコ、インド、公開日未定の中国は除く)という大規模での全世界公開となった。


<公開された97テリトリー(地域)、すべてで初登場No.1 世界的大ヒット!>
北米では15日(金)に公開され、初日から3日間で4,800万ドルの興行収入で初登場No.1。また公開された北米のぞく 海外96テリトリー、北米含む全世界97テリトリーすべてで初登場No.1。北米を除く海外累計成績では1億439万ドルで 歴代10位のオープニング成績となった。
<映画の舞台イタリアでは初日単日の過去最高!>
13日(水)に公開されたイタリアでは、2009年公開初日単日での国内最高記録をたたき出し、800館で135万ドルの成績となった。カトリック国であるイタリアは、反ヴァチカンにも思われる原作シリーズに対しての関心が高く、特に本作はローマを舞台にしているため興味は非常に高かった。
<満足度96%という驚異的数字!>
去る5月8日、4,000人が参加する本作試写会を開催し、アンケートを実施。結果、映画鑑賞後「面白い!」と答えた人は96%、さらに、映画『ダ・ヴィンチ・コード』を観たことがある人のうち74%が『天使と悪魔』のほうが面白いと答え、満足度の高さをうかがえる結果となった。
■作品情報
再び世界は震える? 待望の映画化! 『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾!
ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が、世界的大ブームを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』。その続編がついに映画化。原作は全世界で4000万部の大ベストセラー、ダン・ブラウン著「天使と悪魔」。本作でもトム・ハンクス演じるハーヴァード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授が、歴史の闇に迫る。監督は前作同様、ロン・ハワード。現実とフィクションの境界線を突き破り、世界が震える事件を緊迫感溢れる演出で映像化に成功した。
“ガリレオ・コード(暗号)”を解け!
17世紀、カトリック教会の総本山であるヴァチカンは、科学者たちを弾圧していた。ガリレオ・ガリレイを中心とする科学者たちは、秘密結社イルミナティとして密かに活動していた。今、ローマ教皇逝去に際して、そのイルミナティが400年の沈黙を破り復活した。目的はヴァチカンへの復讐。彼らは4人の教皇候補を誘拐し、科学の四大元素“土”“空気”“火”“水”を完全なアンビグラム(=対称形)にデザインした焼き印を胸に押しつけた後、惨殺すると予告。この恐ろしい計画を阻止するため、ヴァチカンはラングドン教授に助けを求めた。彼はガリレオがローマの名所に隠したイルミナティにつながる暗号を解き進む。しかし、既にヴァチカン崩壊へのカウントダウンは始まっていた・・・。
ヴァチカンに迫る危機? 秘密結社イルミナティの復讐が始まる!
原作:ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)
監督:ロン・ハワード(『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』)
脚本:アキヴァ・ゴールズマン(『ダ・ヴィンチ・コード』)、デヴィッド・コープ(『スパイダーマン』
製作:ブライアン・グレイザー(『ダ・ヴィンチ・コード』、「24」シリーズ)、ジョン・キャリー、ダン・ブラウン
出演:トム・ハンクス(『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』)、ユアン・マクレガー(『スター・ウォーズ』シリーズ、『ビッグフィッシュ』)、アイェレット・ゾラー(『ミュンヘン』『バンテージ・ポイント』)、ステラン・スカルスガルド(『マンマ・ミーア!』
『天使と悪魔』
TOHOシネマズ 日劇ほか全国大ヒット公開中!!
→『天使と悪魔』の記事を探す