MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『レッドクリフ Part II』が2009年最高のスタートで公開始まる

『レッドクリフ Part II』が2009年最高の出だし!
『レッドクリフ Part I』を超えて、堂々5冠達成!!
4月10日(金)『レッドクリフ Part II ─未来への最終決戦─』が、全国で公開されました。全国各地の劇場が次々と満席になり、今年度興収No.1を狙える勢いで発進してます。
昨年11月に公開しました『レッドクリフ Part I』は、日本国内では動員400万人、興収
50億円を突破し、これまでのアジア映画の記録を打ち破る、“まさかの”大ヒットを遂げました。
そして、日本に先駆けて、中国を始めにアジア各国では、2009年興収No.1を記録中で、これまでの公開週末の記録は史上1、2位を「レッドクリフ」が記録しております。


『レッドクリフ Part II』は730スクリーンで上映し、洋画インディペンデント映画としては、史上最大規模(1番は『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』733スクリーン)での公開。
昨年、アジア映画最高記録を打ち出した、『レッドクリフ Part I』を越えてGWを越えてどこまで伸びるか、2009年度最高興収をも狙える状況になっております。
映画『レッドクリフ Part II ─未来への最終決戦─』
★公開初週の映画興行ランキング 1位(6.7億円)
 →2009年のオープニング興収記録を樹立。
★海外での状況
 →中国でもNo.1
中国 →2009年の興収No.1(3月末までの集計)、公開週の週末実績は、Part I、IIが歴代の1位、2位を記録。
台湾 →2009年の興収No.1(3月末までの集計)
韓国 →公開から2週連続興収No.1
★『レッドクリフ Part I』TV視聴率(4月12日)が19.9%でNo.1
 →12日にTV朝日で放送しました『レッドクリフ Part I』の視聴率は19.9%(関東)、瞬間最高視聴率が22.9% 日曜洋画劇場では2009年で最高。(2009年では『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト』19.8%がこれまでの最高) 関東では4月12日で視聴率も第一位。
★『レッドクリフ Part I』DVD&ブルーレイ3形態合計で、20万枚を売上げ
  2009年に発売された映画DVD&ブルーレイでNO.1売上。
★alanの主題歌が最高位!
 →オリコンデイリーシングルチャートにて、1位! 最高位を記録!
出演・トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童(特別出演)、リン・チーリン(映画初出演)
監督 ジョン・ウー(『M:I-2』
主題歌:「久遠の河」/alan(avextrax)
音楽:岩代太郎
配給:東宝東和/エイベックス・エンタテインメント
(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.
『レッドクリフ Part II ─未来への最終決戦─』
TOHOシネマズ日劇他全国超拡大公開中
→『レッドクリフ』の記事を探す