MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ヤッターマン』櫻井 翔さん、福田沙紀さん、衣装について語る

全て本革! アニメを忠実に再現することにこだわり、制作期間に3ヵ月かけた渾身の衣装を発表!
2009年3月7日(土)より全国公開します実写版映画『ヤッターマン』について、これまでベールに包まれていたヤッターマン1号2号変身後の写真を使用したポスターヴィジュアル及び、変身シーンの映像を使用した予告篇が12月6日(土)より各上映劇場にて掲出、上映されることとなりました。
今回の実写化にあたり、原作アニメのキャラクターイメージを損なわないよう再現するために、ディテールまで細かくこだわり、素材はすべて本革を使用しました。このために衣装合わせを4回行い、3ヵ月の制作期間をかけて10回の作り直しを繰り返した渾身の衣装は、細部にいたるまで様々な意匠が凝らしてあります。
また、撮影用、アクション用、バトル用など各衣装を5着ずつ用意。それぞれのシーンに合った質感を出せるよう、革の種類にもこだわり抜きました。キャラクタースーパーバイザーの柘植氏が「イマドキの若者らしいトレンド感を出しつつ、コスプレっぽくならない様に心掛けました」と言うデザインは、流行の腰履き風にかっこよく見えるよう、ズボンには特に気を遣いました。
徐々にその全貌が見えてきた実写版映画『ヤッターマン』。櫻井翔さん、福田沙紀さんから衣装についてコメントも頂戴しております。


櫻井 翔さん(ヤッターマン1号)
鏡を見て「似てる!」と思いました。自分ではかなり気に入っています。1号と2号が2人揃って並んでいる様子を改めてモニターで見てみて、「ちゃんとヤッターマンになってる」と安堵しました! 見ている人も「ヤッターマンだ」と思ってくれるといいな。衣装合わせを何度も繰り返し、段階を経て衣装が徐々に出来上がっていくのを見ていてすごくワクワクしていたけど、ようやく日の目を見ることが出来て本当にうれしいです。
衣装はもちろん、セットやそこにあるものすべてが想像以上にすごいことになってます! 良い意味で娯楽映画というか、エンターテインメントですね。わくわくして興奮してスカッとする。そして、観終わった後には、人それぞれに何かが残る映画です。それが勇気なのか愛なのかは人によって違いますが、忘れかけてた熱い想いを思い出すきっかけになれる映画になってるんじゃないかな。
2号とは息もぴったりで、「ヤッターマンは二人でひとつ」という空気が二人の間に流れていました。ヤッターマンおなじみの「勝利のポーズ」も二人のタイミングがばっちり合ってるので、ぜひ注目してください。
福田沙紀さん(ヤッターマン2号)
私たちの体型やバランスぴったりに出来上がっていて、デザインもとても凝っていてかわいいし、気に入っています。私たちのサイズに合わせて作ってくれているから、まさにこの衣装を着こなせるのは世界中で私たちだけなんです。
プロフィール
櫻井 翔
1982年1月25日、東京都出身。
1996年ジャニーズ事務所入り、1999年、嵐として“A・RA・SHI”でCDデビュー。以降、音楽活動、ドラマ、バラエティと幅広く活躍。『ハチミツとクローバー』(2006年)の竹本裕太役で映画単独初主演。同年に公開された映画版『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』とともに注目を集めた。日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」ではキャスターも務め、日本テレビ系北京五輪中継ではメーンキャスターとして活躍した。
ヤッターマン1号(高田ガン)
ズルイ事が大嫌い。平和とメカを愛する少年高田玩具店の一人息子。明るく活発で好奇心旺盛。
父の血を引いてか手先が器用で、ヤッターワンほか、数々のメカを製作する。そして、アイちゃんとともに、正義の味方ヤッターマン1号となって悪と戦う。主な武器はケンダマジック。
福田沙紀
1990年9月19日、熊本県出身。
2004年8月「第10回記念大会 全日本国民的美少女コンテスト」演技部門賞受賞。「3年B組金八先生」(2004~2005年)で女優デビュー。ドラマ「ライフ」(CX、2007年)の安西愛海役で圧倒的な演技力をみせ話題を呼んだ。2008年ドラマ「だいすき!!」レギュラー出演に続き、初主演映画『櫻の園-さくらのその-』が同年11月に公開。
ヤッターマン2号(アイちゃん)
名は上成愛。素直で明るい性格。ガンちゃんのガールフレンドであり、正義の味方ヤッターマン2号。強力な電流を出すシビレステッキを武器に悪と戦う。また、家が電気屋なので、電気系の修理は得意。足りない部品を家からこっそり持ち出すこともある。
作品概要
「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」
アニメ放送開始から30年……タイムボカンシリーズ最高の人気を誇り、「ブタもおだてりゃ木に登る」「ポチっとな」等、数々の流行語を生み出した伝説のアニメーションがついに実写映画化!
舞台は現代の地球のどこか。今日もヤッターマン1号(高田ガン)と2号(上成愛)はドクロストーンを巡り“奴ら”と戦っていた……“奴ら”とは、ヤッターマンの宿敵、イカサマ商売で活動資金をボロ稼ぎする三悪党ドロンボー一味。メンバーは、美人リーダーのドロンジョ、メカ開発担当のボヤッキー、力仕事担当のトンズラーの三人。ドクロストーンとは、“泥棒の神様”を自負するドクロベェと名乗る謎の人物が探している伝説の聖石で、ドクロベェ曰く『ドクロストーンは4つに割れて地球の方々に散らばっていて、1つは自分が持っている。もし、残り3個のドクロストーンを見つけることができたら、奇跡が起きるのだ』。と言う。その「奇跡」を都合よく解釈した三人はドクロベェの手足となり、ドクロストーン探しに血眼になる。その頃、地球の各地ではビルが消える現象が次々と起こっていた。ドクロベェの言う「奇跡」とは、地球の時間を止めて未来を奪ってしまうというものだった! いち早く地球の危機を察知したヤッターマンは、ドロンボー一味の計画を阻止し、地球を救うために立ち上がった!
原作:竜の子プロダクション
監督:三池崇史
出演:櫻井 翔(ヤッターマン1号=高田ガン)、福田沙紀(ヤッターマン2号=上成愛)、生瀬勝久(ボヤッキー)、ケンドーコバヤシ(トンズラー)、岡本杏理(海江田翔子)、阿部サダヲ(海江田博士) 、深田恭子(ドロンジョ)
メカ&キャラクターデザイン リファイン:寺田克也
製作:ヤッターマン製作委員会
制作プロダクション:日活
配給:松竹、日活
2009年2月上旬完成予定
総製作費:20億
『ヤッターマン』
2009年3月7日(土)全国ロードショー