MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『おくりびと』第81回米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門 日本出品作品に決 定!!

映画『おくりびと』
第81回米国アカデミー賞
最優秀外国語映画賞部門 日本出品作品に決定!!
ご遺体を棺に納める“納棺師”。一見地味で触れ難いイメージの職業をテーマにしながらも、ユーモアを絶妙に散りばめて、愛すること生きることを紡ぎだす美しい感動作『おくりびと』。
本日、社団法人日本映画製作者連盟の発表にて『おくりびと』が第81回米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門の日本出品作品に決定いたしました!
2009年1月22日に発表されるノミネート作品に選出されれば、同年2月22日に開催される第81回米国アカデミー賞授賞式に進むことができるため、第32回モントリオール国際映画祭グランプリ受賞に続く快挙に期待が膨らみます!
第81回米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門への正式エントリーとして『おくりびと』滝田洋二郎監督作品(松竹株式会社)が決定しました。
出演者・監督のコメント、出品作品選考委員・品田雄吉選考委員長のコメントは以下の
とおりです。


○滝田洋二郎監督
映画人の憧れでもあり夢である映画の聖地、米国アカデミー賞への日本代表として選出されたことは大変光栄であり、素直に嬉しいです。
『おくりびと』はきわめて日本的な物語でありますが、死という人間にとって普遍的なテーマは、言葉を越えてスクリーンの中で世界中の人々に理解して頂けるものと思っています。
米国アカデミー賞を覗いてみたい、体感してみたい気持ちでいっぱいです。
楽しみです。ありがとうございました。
○本木雅弘(小林大悟役)
思わぬ展開に、増々、人事のようデス!!
茶の世界に通づる納棺の様式美は、外国では、より新鮮に映るでしょう。
映画の評価に関わらず、地味ながら繊細な日本人らしさが伝わるといいですね、、、
○広末涼子(小林美香役)
とても名誉なことですのでとても嬉しく思います。
日本映画が世界の舞台でますます輝けることを願っています。
<選考委員委員長 品田雄吉氏(映画評論家)より 選考にあたって>
滝田洋二郎監督の演出が非常に良かった。本木さん山?さんの演技も非常に素晴らしく、『おくりびと』を推挙する声が圧倒的だった。また、山形県が舞台となっているが、納棺の儀式は日本全国共通のものではなく、ある地方における習慣なので、“日本の固有の文化”を描いているといえる。その意味でも、内外に伝えるべき作品である。
<米国アカデミー賞とは>
米国アカデミー賞とは、6,500名以上からなる著名な映画製作者によって組織される「映画芸術科学アカデミー(ACADEMY OF MOTION PICTURE ARTS AND SCIENCES)」が毎年主催する、映画の一大イベント。毎年ハリウッドにて授賞式が華やかに開催され、その様子はあらゆるメディアを通じて世界中に中継される。米国アカデミー賞は2009年2月22日に第81回を開催。外国語映画賞以外に、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、長編アニメ賞、脚本賞、脚色賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞、編集賞、録音賞、作曲賞、オリジナル歌曲賞などがある。
<最優秀外国語映画賞部門について>
全世界(第79回は61カ国、第80回は63カ国、第81回は未発表)から、各国1本ずつ出品作品が選出され、その中から5作品がノミネート作品として2009年1月22日に発表される。
ノミネートされた5作品は2009年2月22日に開催される授賞式に参加し、最優秀外国語映画賞を競い合う。第81回米国アカデミー賞 最優秀外国語映画賞の出品について、社団法人日本映画製作者連盟は、米国の映画芸術科学アカデミーより同アカデミーが主催する米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門に日本映画1本を選考し出品する依頼を受けており、外部委員による選考会を行い、出品作を決定する。対象作品は日本国内において、2007年10月1日から2008年9月30日までの間に初公開され、かつ7日間以上連続して商業公開されていなければならない。
近年の日本出品作品は『それでもボクはやっていない』(2008)、『フラガール』(2007)など。もし、今回『おくりびと』がノミネートされた場合、山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』(2004)以来、5年ぶり、12作品目のノミネートとなる。
<前回(第80回)の最優秀外国語映画賞部門 ノミネート5作品>
◎The Counterfeiters/『ヒトラーの贋札』(オーストリア)
●Beaufort/『ボーフォート~レバノンからの撤退』(イスラエル)
●Katyn/『カティン』(ポーランド)
●Mongol/『モンゴル』(カザフスタン)
※「Mongol」は浅野忠信氏の主演作でもあり、大変話題になった。
●『12』(ロシア)
(◎:最優秀外国語映画賞 ●:ノミネート作品)
映画『おくりびと』作品紹介
リストラされたチェロ奏者・大悟(本木雅弘)はひょんなことから<遺体>と接する職につくことになり、戸惑うばかり! しかしベテラン納棺師の佐々木(山崎努)に就く中で、葬儀に集まる多彩な人々の想いに触れ、いつしか納棺師の仕事に理解を示すようになっていた。そんな矢先、唯一の家族である妻・美香(広末涼子)は夫の仕事に嫌悪感を抱き実家に帰ってしまう。はたして大悟は納棺師として、そして夫として人として、身近にいるかけがえのない人々の生と死に、どのように向き合えるのだろうか!? 夫婦の愛、わが子への無償の愛、父や母、家族への想い、友情や仕事への矜持……日本映画を代表するスタッフ・キャストがユーモアを絶妙に散りばめて、愛すること、生きること、すべての人に普遍的なテーマに挑んだ異色の感動作!!
キャスト
本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 杉本哲太 峰岸徹 山田辰夫 橘ユキコ 吉行和子 笹野高史
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
音楽:久石 譲
(c)2008 映画「おくりびと」製作委員会
『おくりびと』
9月13日(土)丸の内プラゼール他全国ロードショー!