MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『牙狼<GARO>-炎の刻印-』本日最終話!これまでを振り返る……

いよいよ本日から最終話が放送される『牙狼<GARO>-炎の刻印-』
復活する巨大ホラー・アニマ。
メンドーサとの最終決戦。
レオンに刻まれた炎の刻印の真の意味とは?
と、その放送の前に、これまでの名場面を振り返ってみましょう。

牙狼<GARO>-炎の刻印-


契約の日、先代黄金騎士からと対話するレオン。守りし者の鎧の継承、その重みが詰まったシーンでした。

牙狼<GARO>-炎の刻印-

後にアルフォンソが受け継いだ堅陣騎士ガイアの鎧。当初は少々頼りなさげなキャラクターでしたが、アルフォンソ、いろんな意味で、この物語でもっとも成長したキャラクターではないでしょうか。

牙狼<GARO>-炎の刻印-

ヘルマンも単なるエロ親父ではなく、物語に重みを与える重要な役割を果たしました。旧友ベルナルドとの戦いは前半のストーリーの中でクライマックスに近いエピソードとなりました。

牙狼<GARO>-炎の刻印-

第1クールの最後はまさかまさかの衝撃展開。暴走するレオンと対峙するアルフォンソ。黄金騎士の鎧がアルフォンソに渡るとは誰が考えたでしょうか。そして、崖から身を投げるレオン……いくらなんでも主人公への試練が大きすぎw

牙狼<GARO>-炎の刻印-

そして訪れるレオンの平穏な日々。

牙狼<GARO>-炎の刻印-

ララちゃん、いい娘でしたけどねぇ。場面写真が悲しいフラグにしか感じられなかった……。

牙狼<GARO>-炎の刻印-

そして終盤にきて、ヘルマンとレオンの物語。鎧の継承と同様、牙狼の物語は父と息子の継承の物語でもあるというのを再認識。息子は父を超えなければなりません。それは魔戒騎士でなくても同様。その要素が根底にあるからこそ、牙狼の物語は深みを増すのだと思います。

牙狼<GARO>-炎の刻印-

そして、その父の背中。最終話、レオンはヘルマンを超えることができるのか?
どのようなクライマックスが待っているんでしょう。
●番外編

牙狼<GARO>-炎の刻印-

第1クールと第2クールの間に放送された特別編は鍋。AnimeJapanのステージでも「あれはガチです。がつがつ食って、がつがつ飲んでました。」と紹介されたこの回。話によると、かなり話がカットされたとか。時間の関係か、内容の問題かは不明w
堀内さんはヘルマンのことを「理想の父親像」と語っているんですよね。ここまできて、その言葉が持つ説得力がだいぶ高まったような気がします。
さて、その堀内さんが「ステージで裸になれと言われたらなりますよ」とおっしゃってた最終話先行上映イベントがもうすぐ開幕。今晩の放送前、キャストの皆さんと、一足お先に楽しんでまいります。
最終話の放送、お楽しみに!

『牙狼<GARO>-炎の刻印-』公式サイト:http://garo-project.jp/ANIME
公式twitter:@anime_garo
(C)2014「炎の刻印」 雨宮慶太/東北新社
●次の記事もオススメ ——————
祈りに変えて歌って…team GAJARIプロデュース「魔戒歌劇団」デビュー
黄金騎士ガロ翔、いよいよ出陣!
『牙狼<GARO>-炎の刻印-』AnimeJapanスペシャルステージ
『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』AnimeJapanスペシャルステージ
『牙狼<GARO>-炎の刻印-』最終話、受け継がれる想い
→『牙狼<GARO>』特設ページ