MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』公開4日間で2.4億円、17万人動員!

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス1月9日(金)より全国103館にて公開された『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』が、興行通信社発表のランキングにて、1月12日(月)までの4日間で動員171,545人、興行収入247,582,300円、初登場第4位の好成績でスタートしました。
総監督:本広克行、監督:塩谷直義、ストーリー原案:虚淵玄(ニトロプラス)などトップクリエイター陣が集結し話題を呼んだオリジナルアニメーション『PSYCHO-PASS サイコパス』。待望の「劇場版」は、初日から数多くの来場者を集めています。


劇場公開直前の12月中旬からは多彩なプロモーション企画が続々と展開。新宿駅地下に設置された「シビュラシステムゾーン」は、劇中に登場する数値「犯罪係数」を実際に計測できるという仕掛けで話題を呼び、連日多くの人が殺到しました。
その他、ファッションビル「LUMINE EST」、「LUMINE MAN」では作品世界を堪能できる展示イベントキャンペーンを展開。レコードショップ「タワーレコード」では「NO ANIME, NO LIFE」キャンペーンのタイアップで作品をPR。渋谷店の8F催事エリアには、人気キャラ宜野座伸元をフィーチャーした展示イベント「GINNOCENT WORLD(ギノセントワールド)」を展開中。
また、1月13日(火)からは秋葉原の街でアトレ秋葉原を中心とした商業施設による連動スタンプラリーを開始。さらに交通では、東京メトロ車内の中吊広告ジャック、西武鉄道で販売した記念切符がすでに完売するなど、映画鑑賞だけにとどまらない多角的なアプローチで、『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』を印象付けました。
本作の来場者特典として、塩谷直義監督が自ら描き下ろしたイラストを表紙にした、キャラクターやマシン等設定画の数々が詰まった「設定集」が配布されています。1週間ごとに表紙イラストと収録される設定画の内容が変わるこの特典は、すでに第1弾がなくなる劇場が続出。
今後、1月17日(土)から宜野座イラストが表紙の第2弾、1月24日(土)からは狡噛慎也イラストが表紙の第3弾、1月31日(土)からは常守朱と狡噛イラストが表紙の第4弾をそれぞれ先着で配布。表紙イラストと内容がどんなものなるのか、注目が集まっています。

『Psycho-Pass サイコパス』公式サイト:http://psycho-pass.com/
公式Facebook:http://facebook.com/psychopasstv
公式Twitter:@psychopass_tv
配給:東宝映像事業部
『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』
全国にて公開中
(C)サイコパス製作委員会