MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ミック・ジャガーがジェームス・ブラウンの伝記映画をプロデュース!

ジェームス・ブラウンの真実の物語
『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』日本公開決定
「Get On Up(原題)」の邦題が、『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』に決定し、2015年5月より全国公開されます。

ジェームス・ブラウン


“ミスター・ダイナマイト”、“ソウル・ブラザー・ナンバー・ワン”、“ゴッド・ファーザー・オブ・ソウル”、“セックス・マシーン”、“ファンクの帝王”、“ショービジネス界一の働き者”、“ファンキー大統領(Funky President)”など数々のニックネームで呼ばれ、強烈な個性とカリスマで半世紀に渡り活躍を続けてきた伝説のアーティスト、ジェームス・ブラウン。通称、JB。
2006年12月25日に73歳でこの世を去った後も、彼が生み出した音楽は膨大なアーティストにサンプリングされ、刺激的なライヴパフォーマンスはマイケル・ジャクソン、プリンスからブルーノ・マーズの若手まで数々のアーティストをインスパイアし、今なお愛され、生き続けています。
マッチョでファンキーでセクシーで暴力的でエゴイスティック、全てが桁違いだったJB。本作はブラウンの驚異の人生に基づきながら、この大スターの音楽や一挙手一投足、心の揺れに大胆に切り込んでいく。極貧の子供時代から20世紀最高のエンターテイナーに成長していくまでの旅路に、観客は“魂の叫び”を感じるだろう。
監督は、アカデミー賞3部門にノミネートされるなど、大ヒットとなった『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』のテイト・テイラー。ジェームス・ブラウンを演じるのは、『42~世界を変えた男~』のチャドウィック・ボーズマン。
そして製作はザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー。かつてのライバルであり、彼を尊敬しているザ・ローリング・ストーンズのフロントマンの願いから本作は誕生しました。
ミック・ジャガーはビルボード誌の取材でこうコメントしている。「(映画でもライヴ盤が録音されるシーンが描かれる)アルバム『ライヴ・アット・ジ・アポロ』は俺が初期に音楽的に学んだ大きな部分だった。ジェームス・ブラウンは俺にすごくインスピレーションを与えてくれた。たくさんのことを彼から学んだ。彼の動きをまねるということではなく、彼の態度、仕事ぶり、そうしたものを学んだ。彼が成し遂げたことを尊敬している」。
●スタッフ・キャスト
監督:テイト・テイラー『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』
脚本:スティーヴ・ベイグルマン、ジェズ・バターワース&ジョン=ヘンリー・バターワース、テイト・テイラー
製作:ミック・ジャガー、ブライアン・グレイザー『ビューティフル・マインド』、『8 Mile』、ヴィクトリア・ピアマン『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』、エリカ・ハギンズ、テイト・テイラー
出演: チャドウィック・ボーズマン『42~世界を変えた男~』、ヴィオラ・デイヴィス『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』、オクタヴィア・スペンサー『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』、ネルサン・エリス『大統領の執事の涙』、ダン・エイクロイド『ブルースブラザーズ』、『ゴーストバスターズ』
製作国アメリカ/上映時間139分
配給:シンカ/パルコ ユニバーサル映画
『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』
5月、シネクイントほか全国公開
(C)Universal Pictures