MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

水島精二×虚淵玄『楽園追放 – Expelled from Paradise -』最終版予告編解禁!

ELISA connect EFPが歌う「EONIAN -イオニアン-」にのせて電脳世界が送る新たなメッセージが登場
『楽園追放 – Expelled from Paradise -』最終版予告編解禁!
11月15日より劇場上映の監督 水島精二× 脚本 虚淵玄(ニトロプラス)による完全オリジナル作品『楽園追放 -Expelled from Paradise-』。上映まで一か月を切り、最終版予告編が解禁となりました!

楽園追放


物語は人類の安住の地・電脳世界ディーヴァが、謎のハッキングに侵される。ハッキングの主は、フロンティアセッターと名乗るハッキングの主。ハッキングの狙いは何かを調べるため、捜査官アンジェラは機動外骨格スーツ・アーハンを伴い、荒廃した地上へと舞い降り、地上での案内人となる調査員ディンゴとともに謎に迫ります。
最終版予告編ではアンジェラ、ディンゴの2人に焦点をあて「人類の可能性とは」「生きている自由とは」「本当の楽園とは」という3つのメッセージが登場。水島精二×虚淵玄(ニトロプラス)がこの映画で伝える人の尊厳の物語を中心とした構成となっています。
その予告編を彩るのはELISA connect EFPが歌う主題歌「EONIAN -イオニアン-」。水島監督が「作品と密接な関係をもたせようと思って作った曲」と、本編と密接に関わる楽曲ということもあり、ELISA connect EFPというコラボレーションが完成しました。全編フル3DCGで描かれるアクションシーンにもぜひご注目ください!

『楽園追放 – Expelled from Paradise -』
11.15 新宿バルト9ほか 劇場上映
(C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ