MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

乃木坂46の堀未央奈、映画『キョンシー』 応援大使に就任!

ホラーアイドルのセンターを狙う乃木坂46の堀未央奈が映画『キョンシー』応援大使に就任!
清水崇、ジュノ・マック監督と共に公開記念トークイベント!!
今年で3度目を迎えるジャンル映画の祭典「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014」で最も注目を集めている映画『キョンシー』の監督ジュノ・マックの来日が決定!
9月11日(木)に公開記念イベントを実施しました。

キョンシー


イベントには監督のジュノ・マックはもちろんのことプロデューサーの清水崇と、ホラーアイドルのセンターを虎視眈々と狙う乃木坂46の堀未央奈が参加。ホラーアイドルのセンターを狙うべく『キョンシー』応援大使に就任し、ホラー映画アイドルへの意気込みを語りました。
日程:9月11日(木)
場所:松竹本社3F試写室
登壇者:堀未央奈(乃木坂46)、ジュノ・マック(監督)、清水崇(プロデューサー)
MCから呼びこまれゲストが登壇すると冒頭の挨拶で乃木坂46の堀未央奈は「初めて一人でのイベントで、舞台挨拶もはじめてなのでとても緊張しています。今までのキョンシーと違うイメージで楽しかったです。精一杯応援していきます!」と初々しく応援大使就任をアピールし直筆の襷を披露。
「小さいころからホラー映画が大好きでまだ観ちゃいけない年齢のころからこっそり楽しんでいました。特に『霊幻道士』は大好きです」とジュノ監督が語ると「そうじゃないとリブート版つくらないでしょ!」と周囲からつこっまれ場内が笑いに包まれました。
本作でプロデューサーをつとめている清水崇氏は「今回プロデューサーを引き受けたのは、笑いの要素を排除したジュノ監督のビジョンと美しい世界観に魅了されたから」と語り「従来のイメージと違ったキョンシーに驚いてもらえると思います」と太鼓判を押しました。
堀は「幼稚園のころから家族でホラー映画を観ていた」と周囲を驚かせると、「お芝居している乃木坂46メンバーを見るとすごいなと思います。黒髪でパッツンな前髪がホラー映画に似合うよねと言われるんです。自分が出演したらどんな風になるんだろうと気になります。今後ホラー映画でいっぱい驚く役などで出演できたら」と女優業にも興味があることを伺わせました。

キョンシー

ジュノ監督は終盤のとあるシーンを水の中で撮影し、2日間もかかったことを明かすと「あれが水中で撮影したとは思いもつかないでしょ」と清水Pがそのアイデアを絶賛。
「スタイリッシュで現代風だがノスタルジックな面ももっている、悲しくて残酷な新しいキョンシーをきっかけに、シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014の他の作品にも興味を持ってもらえると良いなと思います。」と完璧なコメントで締めたかと思いきや「こんなに身長差のない舞台挨拶は初めて」と最後まで会場を沸かせていました。
堀さんは「初めて応援大使というお仕事をさせていただきとても嬉しいです。観終わったら感想を色んな人に広げてください」と宣伝大使らしいコメント締め、会場から拍手が起こりました。
※トークイベントの後は『キョンシー』の基となった『霊幻道士』で実際に使用された帽子、十手、数珠ネックレスを身に着けての写真撮影を行いました。
●シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014ラインナップ
『キョンシー』【(英題:RIGOR MORTIS)】
あの「霊幻道士」が本格派ホラー映画としてリブート!
「霊幻道士」の俳優や設定が満載!
制作年度:2013年
制作国:香港
言語:広東語
本編尺:101分
監督・脚本:ジュノ・マック
製作:清水崇「呪怨」
・キャスト
チン・シュウホウ「霊幻道士」シリーズ
クララ・ウェイ「捜査官X」
アンソニー・チェン「霊幻道士・完結編/最後の霊戦」
・ストーリー
昔、霊幻道士役で名をはせたベテラン俳優チン・シュウホウは、今は落ちぶれ、妻と子供とも別居状態で彷徨っていた。辿り着いたさびれたマンションの2442号室で、彼は自殺を決意する。
しかし、道士アンソニー・チェンや、謎めいたマンションの住人らによって自殺は食い止められる。
しかし、このマンションは普通ではないことをすぐに察知した彼は、甦る死者との命懸けの闘いへ巻き込まれていく。
シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2014
10月25日(土)~東京:ヒューマントラストシネマ渋谷、大阪:シネ・リーブル梅田、名古屋:シネマスコーレ、福岡:福岡中洲大洋にて6作品一挙公開!!
※『キョンシー』、『ボーグマン』は特集上映終了後も、通常興行を予定しています。