MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

熊が登場で大盛り上がり!?『カバディーン!!!!!!!』完成披露イベント開催

映画『カバディーン!!!!!!!~激突・怒黒高校篇~』の完成披露イベントが東商ホールにて開催され、主演の渡辺大輔ほか高木万平、斉藤秀翼、山田ジェームス武、中村龍介、田中稔彦、高﨑俊吾、アベユーイチ監督が登壇しました。
日時:8月31日(日)
場所:東商ホール
登壇者:渡辺大輔/高木万平/斉藤秀翼/山田ジェームス武/中村龍介/田中稔彦/高﨑俊吾/アベユーイチ監督

kabateen2-5.jpg


本作は、マイナースポーツとして逆に名高い“カバディ”に高校生が熱中するアクション・エンタテインメントムービーだ。カバディはインド発祥のスポーツで、もともとは狩りをする技術が競技として発展したこともあり、劇中でも格闘技さながらの激しいアクションシーンが見どころとなっている。
トークの中で、自身の役柄について渡辺は「僕が演じたのは売れない漫画家の伏見淳という役ですが、取材のために向かった先で高校生たちと出会うことによって、大人の世界に飲まれていた自分が、徐々に昔を思い出していく。学生達をきっかけに大人が奮起するというのは魅力あるストーリーだと思う」と今までに演じたことのない役柄を冷静に分析。ただの青春映画に収まらない、本作の魅力について熱く語った。
撮影中に印象に残ったことについて高木は「最後はアクションシーンが続くのですが、カバディでどうアクションするか、というところはすごく大変でしたし、未知の領域でもあったのでとても印象的でした」と語り、さらに「最後の森でのシーンは10回以上取り直しがあったので、本当に大変でした」と振り返った。
同じ質問に対して斉藤は、「渡辺さんとの入浴のシーンがあるのですが、お風呂がぬるま湯ではなく、普通に熱かったんです。そんな中何度もテイクを重ねて、もうのぼせるってなりそうな時に、監督から『一旦風呂から上がれ』って言われて、スタッフが持ってきてくれた水を飲んだんですけど、なぜかブルーベリー味だったんです」と話すと会場は爆笑の渦に包まれた。
さらにこの日は、劇中に登場する熊の着ぐるみが登場。その風貌から終始注目を集め、トーク中も事ある度に話題の中心となった。観客は「可愛い」と歓声をあげたり、熊に手を振ったりと、大盛り上がりとなったが、「トークがやりづらい」、「おいしいところ全部持っていってる」と登壇者達からはツッコまれていた。
『カバディーン!!!!!!!』
第1弾~嗚呼・花吹雪高校篇~ 10月4日(土)より、新宿ミラノほか全国順次ロードショー
第2弾~激突・怒黒高校篇~ 10月11日(土)より、新宿ミラノほか全国順次ロードショー
(C)2014「カバディーン!!!!!!!」製作委員会
→『カバディーン!!!!!!!』の記事を探す