MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

マゾヒズムの語源マゾッホの自伝的長編小説映画化『毛皮のヴィーナス』初日決定

『戦場のピアニスト』、『ゴーストライター』、『おとなのけんか』ロマン・ポランスキー監督最新作
『毛皮のヴィーナス』
12月20日(土)初日決定

毛皮のヴィーナス


「マゾヒズム」の語源になったマゾッホによる伝説の自伝的長編小説「毛皮を着たヴィーナス」に着想を得て書かれた戯曲を映画化、性愛を描いた本作で、監督は自身の妻であり、実力派女優エマニュエル・セニエを主演に起用。
彼女が演じるのは、これまでのヒロイン像とは明らかに一線を画す“ワンダ”という新感覚のキャラクター。がさつで厚かましい登場から、舞台に上がると一変、知性と気品溢れる女性へ、そして最後には、圧倒的なパワーと妖艶な魅力で演出家を支配していく女性へと変貌していく様は、観る者全てをワンダの虜にします。
彼女に翻弄され、最後には服従することに悦びを見出す演出家のトマ役を、『007/慰めの報酬』『グランド・ブダペスト・ホテル』に出演し、カメレオン俳優として高い評価を受けているフランス人俳優マチュー・アマルリックが演じ、その確かな演技で魅せます。

毛皮のヴィーナス

“舞台”というワン・シチュエーションで登場人物の立場が次々と入れ替わるなか、観客はトマを疑似体験し、ワンダによって、自身も知らない秘めた欲望を丸裸にされ、誘惑のサスペンスに誘われる!
●ストーリー
オーディションに遅刻してきた無名の女優ワンダと、自信家で傲慢な演出家のトマ。がさつで厚かましくて、知性の欠片もないワンダは、手段を選ばず強引にオーディションをしてほしいと懇願し、トマは渋々彼女の演技に付き合うことに。ところが、演技を始めたワンダは、役を深く理解し、セリフも完璧。
彼女を見下していたトマを惹きつけ、次第に立場が逆転し、圧倒的な優位に立っていく。2人だけのオーディションは熱を帯び、次第にトマは役を超えて、ワンダに支配されることに心酔していく……。

毛皮のヴィーナス

監督・共同脚本:ロマン・ポランスキー(『戦場のピアニスト』、『ゴーストライター』、『おとなのけんか』)
出演:エマニュエル・セニエ(『赤い航路』、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』、『潜水服は蝶の夢を見る』)、マチュー・アマルリック(『007/慰めの報酬』、『グランド・ブダペスト・ホテル』、『潜水服は蝶の夢を見る』)
2013年/フランス/シネマスコープ/5.1ch/96分/原題:VENUS IN FUR/字幕翻訳:松浦美奈
提供:ショウゲート、ニューセレクト
配給:ショウゲート
『毛皮のヴィーナス』
12月20日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
(C)2013 R.P. PRODUCTIONS – MONOLITH FILMS
→『毛皮のヴィーナス』の記事を探す