MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

10cc、ジャクソン5、デヴィッド・ボウイ…70年代の懐メロ全開!

10cc、レッドボーン、ラズベリーズ、ザ・ランナウェイズ、ブルー・スウェード、エルヴィン・ビショップ、デヴィッド・ボウイ、マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル、ジャクソン5、ザ・ファイヴ・ステアステップス……ヘビロテ必至の70年代名曲満載!
マーベル・スタジオ待望の最新作映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー


ウォルト・ディズニー・スタジオ配給にて9月13日(土)公開となる、マーベル・スタジオ待望の最新作映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(原題:The Guardians of the Galaxy)。
本作は、宇宙一運が悪いトレジャー・ハンター、ピーター・クイル率いる史上最もヒーローらしくないヒーローたちの銀河滅亡をかけた戦いと冒険を、圧倒的なスケールと独創的なストーリーで描いたこの秋大注目のアクション・アドベンチャー超大作です!
息継ぐ間もなく炸裂するアクションと宇宙規模の壮大なスケールで描かれている本作には、70年代のメジャーどころからコアな懐メロが存分に使用されています。主人公・ピーターが肌身離さず持ち歩き、ウォークマンで聴いているのは、“イケてる曲選集volume1 !!!”と書かれたカセットテープ。亡き母の形見であり、命よりも大切なそのテープから流れてくるのはどれも名曲ばかり。宇宙で繰り広げられる派手なシーンに流れる懐かしのヒット曲、そのコントラストが本作をより面白くしています!
いきなり初っ端から心を鷲掴みにするのは10ccの“I’m Not In Love”。どんな世代でも、どこかで一度は耳にしたことはあるこの曲はまさに最高の1番手です。そして、ガラリとシーンを変えて流れる、レッドボーンの“Come and Get your Love”はアップテンポで、乗り易い軽快さ。キャラクターの魅力を引き立て、観る人を一気にストーリーへと引き込んでいきます。
ラズベリーズの“Go All The Way”やザ・ランナウェイズの“Cherry Bomb”はパンチを効かせるスパイスのような楽曲。それぞれのシーンにぴったりとマッチし、劇中のテンションと共に気分を上昇させてくれます!
「ウガチャカ、ウガウガ、ウガチャカ、ウガウガ……」のフレーズが耳から離れない、ブルー・スウェードの“Hooked on a Feeling(ウガ・チャカ)”はまさに本作の面白さを象徴する一曲であり、本作の異なった一面を魅せてくれるのは、ルパート・ホルムズの“Escape(The Pina Colada Song)”。
また、エルヴィン・ビショップの“Fooled Around and Fell in Love”やデヴィッド・ボウイの“Moona ge Daydream(月世界の白昼夢)”は映画の魅力をより掘り下げている最高の選曲です。マーヴィン・ゲイがタミー・テレルとデュエットを組んだ“Ain’t No Mountain High Enough”とジャクソン5の“I Want You Back(帰ってほしいの)”など、次々と登場する楽曲たちは、見事に合わさり、本作の旨みを引き出しています。
特にザ・ファイヴ・ステアステップスの“O-o-h Child”は予想外な使われ方に、ぜひご注目して欲しいシーンの一つです!
初めて耳にする曲も映画を観終わった後にはヘビロテしたくなる名曲ばかり。音楽ファンはもちろんのこと、懐メロに触れたことのない人も魅了すること間違いなしのアクション・アドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に、是非ご期待ください。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
9月13日(土) 2D・3Dロードショー
(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.
→『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら