MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

哀川翔がVシネに帰還! 東映Vシネマ25周年記念作品『25 NIJYU-GO』

哀川翔Vシネ生まれのVシネ育ち、受けた恩義は忘れねえ。
Vシネ25周年を祝うため、殺気と共に、凄まじい“哀川翔”が帰ってクる。
東映Vシネマ25周年記念作品『25 NIJYU-GO』
東映Vシネマ25周年記念作品『25 NIJYU-GO』が11月1日に全国公開されることが決定しました。1989年に東映ビデオが“Vシネマ”レーベルでビデオ用のリリースを開始して今年で25周年を迎えました。
“テレビの放送規定よりも刺激的で、レンタルビデオ店でしか見られない映画を!”というコンセプトのもとに立ち上げられ、レンタル店ユーザーが本当に望んでいたジャンルの作品を中心に意欲的に作品を発表していき、当時レンタル店で人気を得ていたオリジナルビデオの中で、その一躍を担ったのが東映ビデオVシネマ。その長い歴史を記念し哀川翔主演で劇場公開作品『25 NIJYU-GO』製作が決定!


●主演・哀川翔 Vシネマへの恩義を果たす!!!
主人公の悪徳刑事・桜井を演じるのは主演作が優に100本を超え、“Vシネマの帝王”と呼ばれる伝説の男・哀川翔。本作で主演作がなんと111本目!
いまやその日本を代表する兄貴的な存在から映画、ドラマでももちろんのこと、バラエティ番組、テレビゲームの声優、CMと多方面に活躍する、今の日本には欠かせない実力派俳優となりました。数多くのVシネマの主演を務めることで、その名を広げることとなった“Vシネマ界”に感謝の念を伝えるために本作の出演を決意しました。
自身の芸歴30周年記念作品の公開も控えた哀川が、“Vシネマワールド”に帰還して、Vシネマ界への恩義を果たします!
●Vシネマ界発の豪華キャスト陣が集結!
そして、哀川の相棒刑事・日影を演じるのは、日本映画界でなくてはならない個性となっている寺島進。
他、温水洋一、小沢仁志、小沢和義、本宮泰風、竹中直人、大杉漣といったVシネワールドで活躍し、今もギラギラと一線で活躍し続けるキャストたちが数多く集結!
さらに、激しい男たち以上に艶めかしくしたたかに生き抜く女たちを、高岡早紀、岩佐真悠子、鈴木砂羽といった魅惑の女性キャスト陣が熱演。他にも、石橋蓮司、嶋田久作、笹野高史、袴田吉彦、木下隆行、井上正大、波岡一喜、といったキャストもこの「何でもアリ」の世界に集結している。
そして、メガホンをとるのは「今日から俺は!」シリーズや、オリジナルビデオ「静かなるドン」シリーズを数多く手掛けてきた鹿島勤!ギラギラの世界を演出しています。
●哀川翔さんコメント
Vシネマがなかったら、俺なんか今何やってたかわかんない。一番最高で、主演で10本で助演で12本、年間で320日現場ってのあったよ。自分は25周年記念で呼ばれて今回やってるんですけど、今回いろんなメンバーがこの作品に思いを持ってきてくれてると思う。それぞれの25年ていうのが、個人個人の25が描かれてると思う。だから、そういう作品があがってくるのが楽しみ。
それは普通の作品とは違うと思う。呼んでもらっての感謝があるし、恩返しをしたい思いは当然あるけれど25周年はVシネマにとって通過点。でも俺はきっちり「25」という形を残すという歩き方をしていかなくちゃいけないと思う。思いが違うよって。
『25 NIJYU-GO』
11月1日(土) 全国劇場公開
(C)2014東映ビデオ
→『25 NIJYU-GO』の記事を探す