MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

2014年の映画ニュース

2014年の映画の最新情報を紹介しています。映画の最新作の話題やレビュー、予告編動画が満載です。

『牙狼<GARO>-炎の刻印-』第7話あらすじ。レオン危うし!

好評放送中の『牙狼<GARO>-炎の刻印-』。第6話放送終了。
「お前の始まりの地でもある」
いよいよヴァリアンテ領に戻ってきたヘルマンとレオン。敵はホラーを量産する宿敵メンドーサ。まだ序盤のはずなのにクライマックス間近というような雰囲気です。

牙狼<GARO>-炎の刻印-

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

カジヒデキ、小堺一機も拍手喝采!100歳アランのトンデモ人生に絶賛の声続出!

スウェーデンの大ベストセラー小説の映画化で、本国ではあの『アナと雪の女王』を超える大ヒットを記録した『100歳の華麗なる冒険』がいよいよ11月8日(土)新宿ピカデリー他にて公開となります。
本作は、かつて爆弾の専門家としてスターリン、ゴルバチョフ、レーガンら各国要人と渡り合い、知らず知らずの間に、数々の歴史的事件の修羅場をくぐり抜けてきた奇跡的な経歴の主人公アランが、100歳の誕生日に老人ホームを抜け出すところからはじまる、奇想天外なアドベンチャーコメディ!

100歳の華麗なる冒険

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

シン・シティのアウトサイダーたちが登場!『シン・シティ 復讐の女神』予告編解禁

正義じゃ守れないものがある。
“究極の刺激”と激賞された『シン・シティ』ですら、序章に過ぎなかった――
『シン・シティ 復讐の女神』
ガガ様も! 怒りのボルテージ最大級!な本予告解禁!

シン・シティ 復讐の女神

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

TM NETWORK 30周年記念!伝説のライブシーン満載!『TM NETWORK THE MOVIE』

『TM NETWORK THE MOVIE 1984~ 30th ANNIVERSARY』
2015年1月17日(土)より、全国映画館にて期間限定上映
このたび、TM NETWORK 30thアニバーサリーを記念し、ソニー・ミュージックに遺された1984年から94年にかけてのEpic Sony(現EPIC Records Japan)時代をはじめとする膨大なライブ映像を集めたオリジナルムービーの制作が決定しました。
今までに発売された商品に収録されることのなかった数々の貴重な映像を含む全音楽ファン必見のトレジャームービーです。

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

『美女と野獣』9大都市興行収入ランキング 第1位!10億突破も見える大ヒットスタート

待望の実写化で話題沸騰の映画『美女と野獣』(ギャガ配給)が、11月1日(土)より全国公開され、満席の劇場が続出するなど、大ヒットスタートとなりました。
『美女と野獣』は、初日1日(土)、2日(日)、3日(祝)の週末3日間で全国153スクリーン、動員:186,285名/興収:235,020,700円の好成績となり、9大都市の土日2日間のスクリーンアベレージが約170万と、非常に高い数字を叩き出しています。特に、11月1日(土)の初日はファーストデイ(毎月1日はサービスデイ※一部除く)ということもあり、満席となる劇場も続出!! 11月1日(土)・2日(日)の週末9大都市興行収入ランキング(興行通信社調べ)では、見事、第1位となりました。

美女と野獣

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

ハリソンとゲイリーが警告!「明日は我が身」!!『パワー・ゲーム』TVスポット完成

パワー・ゲーム巨大企業の二大カリスマCEO VS 産業スパイとなった若手社員
勝つのは野心か? 権力か?
緊迫の頭脳戦を描いた痛快ビジネス・サスペンス『パワー・ゲーム』TVスポット映像完成!
リアム・ヘムズワース×ハリソン・フォード×ゲイリー・オールドマンの超豪華キャストで贈る『パワー・ゲーム』が11月15日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開。公開を間近に控え、TVスポット映像が完成しました。

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ミュータント・タートルズ』週末海外興収No.1!全世界興収4億ドル突破

『ミュータント・タートルズ』
ハロウィンで大盛上がりの週末海外興行収入No.1!
中国でも特大No.1オープニング、ヨーロッパ各国でも絶好調
全世界興収早くも4億ドル突破でカワバンガ!

ミュータント・タートルズ

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

デンゼル・ワシントン『イコライザー』公開週末スマッシュヒットスタート

日本でも安定のデンゼル・ワシントン
劇場鑑賞者 男女問わず高評価!
『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントン(アカデミー賞主演男優賞受賞)とアントワーン・フークア監督の強力タッグにあわせ、クロエ・グレース・モレッツ初の娼婦役で注目されていた最新アクション・エンタテインメント作品『イコライザー』が、10月25日(土)、全国183Scrで日本公開され、週末2日間で動員60,770人、興行収入77,955,400円の成績を収め、同じくデンゼル・ワシントン主演『2ガンズ』(興収1.8億)の176%(週末2日間対比)となるスマッシュヒットスタートを切りました。

イコライザー

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

ハロウィン仮装した人々とまなこが宇田川咲の「SUNRISE」を踊ってみた。

音楽を愛する全人類に送る、究極の爆音ムチャぶりエンターテイメント!!
映画『日々ロック』
ハロウィン仮装した人々と人気踊り手・まなこが劇中アイドル・宇田川咲の「SUNRISE」を踊ってみた。
早朝フェスコラボイベント

日々ロック

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

秋元才加、NAOTO(EXILE/三代目J Soul Brothers)『マンゴーと赤い車椅子』初日決定

マンゴーと赤い車椅子人生が、突然、変わってしまった時、どうすれば前を向いて一歩を踏み出せるのだろう?
これは「生きる」とは何かを投げかける、ひとりの女性の奮闘と再生の物語。
『マンゴーと赤い車椅子』初日決定
主人公は、事故による脊髄損傷で歩けなくなってしまった彩夏。彼女はありのままの自分を受け入れる勇気を見出して、赤い車椅子を相棒に、未来へと進み出すことができるだろうか。
主人公・彩夏の葛藤や勇気を車椅子姿で体現するのは、三谷幸喜作・演出の舞台「国民の映画」に抜擢されるなど女優としての活躍が目覚ましい秋元才加。彩夏に身をもって“生きる意味”を教えてくれる車椅子の青年、バンドのボーカリスト・翔太を演じるのは、EXILEパフォーマーのNAOTO。

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

「東映の現場ではみんな酒を飲んでるんだよ」ヤバすぎる極悪トークが炸裂!!

東映Vシネマ25周年記念作品『25 NIJYU-GO』
哀川翔、小沢仁志、小沢和義、波岡一喜、本宮泰風、井上正大、岩佐真悠子
Vシネオールスターズ全面抗争勃発! ヤバすぎる極悪トークが炸裂!!
10月27日(月)、全国公開に先立ちまして2525動画〈ニコ生〉生放送イベントを実施しました。出演者の哀川翔、小沢仁志、小沢和義、波岡一喜、本宮泰風、井上正大、岩佐真悠子が登壇。

25 NIJYU-GO

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

福君“けん玉少年役”で世界デビュー!?『アメリ』の監督の次回作に大抜擢!?

フランス本国と日本で驚異の大ヒットを記録、観る者すべてを幸せにした『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督待望の最新作で、11月15日(土)よりシネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開となる、映画『天才スピヴェット』(配給:GAGA)。
10月23日(木)~31日(金)まで開催される第27回東京国際映画祭の“特別招待作品”への選出が決定し、本映画祭にあわせて、ジャン=ピエール・ジュネ監督と共に本作で主演を務める天才子役カイル・キャトレット君が来日、公式上映の前に、ジュネ監督とカイル君の舞台挨拶を実施。
また、特別ゲストとして日本の天才子役・鈴木福くんが二人の来日を祝し、会場に駆けつけました!

天才スピヴェット

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

スティーヴン・ダルドリー監督『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』公開日決定

トラッシュ!-この街が輝く日まで-東宝東和配給ユニバーサル作品2015年ラインナップ一挙発表にて日本公開が発表された、『リトル・ダンサー』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督の最新作『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』(原題:TRASH)。
この度、本作の日本公開が2015年1月9日(金)に決定しました。
少年たちがゴミ山で拾ったもの-世界の“希望”がつまったひとつのサイフ。本作は絶望の街でみつけた“小さな希望”を頼りに、街全体に輝く奇跡を起こす少年たちの物語です。
メガホンを取ったのは、監督1作目となる『リトル・ダンサー』から一貫して、力強く成長する少年を繊細な演出によって描き続けて来たスティーヴン・ダルドリー監督。脚本は『ラブ・アクチュアリー』、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』など監督としても有名なリチャード・カーティスが担当しています。イギリスを代表する2大トップフィルムメーカーの初タッグに早くも話題騒然です!

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

グザヴィエ・ドランのような天才に出会えるタイミングに生きていてよかった!

10月25日(土)より公開されたグザヴィエ・ドラン監督&主演作『トム・アット・ザ・ファーム』。観た方の感想では“その世界に引き込まれた”、“衝撃を受けた”など現在大きな反響を呼んでいます。
本作の公開を記念し、映画ライターのよしひろまさみちさんと細谷美香さんが初日のトークイベントに登壇しました。

トム・アット・ザ・ファーム

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

あらゆる常識を凌駕する驚愕のラブリー・モンスター“マイロ”、ここに誕生!

『テッド』よりキュート! 『グレムリン』、『E.T』の感動ふたたび!
『バッド・マイロ!』
このたび、アメリカ生まれのカワイイモンスター、マイロが活躍するちょっと恐くてかなり笑える、最後はまさかの感涙を誘う驚愕の感動スリラー「BAD MILO(原題)」が、邦題を『バッド・マイロ!』とし、カルチュア・パブリッシャーズ配給で、12月20日(土)より新宿武蔵野館にて公開が決定しました。
甘えん坊でわがままで、心はピュア! だけど実は、とっても凶暴なマイロ。
大好きなパパのため、パパにストレスを与えるものたちを襲う!!!

バッド・マイロ!

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

まさかの無茶ぶりに「ダメよ~、ダメ、ダメ」『最強のふたり』タッグ凱旋来日!

フランス/オープニング興収No.1
3年前の東京国際映画祭グランプリ&男優賞受賞コンビ凱旋!!
第27回東京国際映画祭 特別招待作品
『サンバ』
『最強のふたり』タッグ凱旋来日!
まさかの無茶ぶりに「ダメよ~、ダメ、ダメ」
オリヴィエ・ナカシュ監督、オマール・シー舞台挨拶

サンバ

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

『百円の恋』第27回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 舞台挨拶・Q&A

映画『百円の恋』
第27回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門
安藤サクラ、新井浩文、武正晴監督 舞台挨拶・Q&A
12月20日(土)よりテアトル新宿他にて公開となる話題の映画『百円の恋』。
故・松田優作氏の出身地である山口県の周南映画祭において、優作氏の志を受け継ぐクリエイターを発掘すべく2012年に新設された脚本賞、第一回「松田優作賞」のグランプリ作品が武正晴(『イン・ザ・ヒーロー』)の手によって映画化されることでも話題となっている本作。
10月25日(土)に第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門での上映にて、キャスト・スタッフによる上映前舞台挨拶、上映後Q&Aを実施しました。

百円の恋

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

『百円の恋』第27回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 舞台挨拶・Q&A

映画『百円の恋』
第27回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門
安藤サクラ、新井浩文、武正晴監督 舞台挨拶・Q&A
12月20日(土)よりテアトル新宿他にて公開となる話題の映画『百円の恋』。
故・松田優作氏の出身地である山口県の周南映画祭において、優作氏の志を受け継ぐクリエイターを発掘すべく2012年に新設された脚本賞、第一回「松田優作賞」のグランプリ作品が武正晴(『イン・ザ・ヒーロー』)の手によって映画化されることでも話題となっている本作。
10月25日(土)に第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門での上映にて、キャスト・スタッフによる上映前舞台挨拶、上映後Q&Aを実施しました。

百円の恋

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

前野&落合&柴田(忘れらんねえよ)が“童貞”を語り尽くす!

音楽を愛する全人類に送る、究極の爆音ムチャぶりエンターテイメント!!
映画『日々ロック』
前野&落合&柴田(忘れらんねえよ)が“童貞”を語り尽くす!!
日芸出身の入江監督が号泣した学生にタジタジ!?
トークショー付き試写会開催 in 日本大学芸術学部

日々ロック

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

グッとくる男の涙とは? 「男が泣くのはアリ」と答えた人が92%

『アジョシ』監督イ・ジョンボム 最新作『泣く男』にみる、今どきのグッとくる“泣き男子”事情とは?
涙ソムリエが分析!
韓国全土に<アジョシ・シンドローム>を巻き起こし、日本でも熱狂的ファンが多い映画『アジョシ』で韓国アクション映画の新境地を切り開いたイ・ジョンボム監督の最新作『泣く男』が10月18日より公開された。
初日にはアクション映画好きと見られる男性客を中心に、チャン・ドンゴンファンの女性、そしてカップルまで幅広い世代が劇場に集まった。「深みとリアリティが増したアクションが素晴らしい」、「ラストが切なくてウルッときた」、「最初のシーンからずっと目が離せなかった!」など多くの絶賛コメントがSNSで賑わっており、多くの観客がリアルで迫力あるアクションを絶賛している。

泣く男

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース