MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『アルスの巨獣』第11話 それは預言されていた世界の終わり、審判の時の到来

好評放送中のTVアニメ『アルスの巨獣』。
その第11話の場面カットが届きました。

アルスの巨獣

●第11話「泡沫の華」
――実験体は兵器であり、長期の運用は想定されていない。
ツルギの語った衝撃的な事実。それは兵器として生み出されたクウミの寿命が残りわずかだということだった。
だが古代の技術を操るモリビトの儀式で、カンナギの力を永遠に封印すれば、クウミの寿命を延ばすことはできるという。

アルスの巨獣

アルスの巨獣

執り行われる封印の儀式。その最中、赤目の巨獣達がモリビトの村に現れる。それは預言されていた世界の終わり、審判の時の到来だった。

アルスの巨獣

アルスの巨獣

公式サイト:https://ars-giant.com/
公式Twitter:@ars_giant

©DMM.com・旭プロダクション/アルスの巨獣製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『アルスの巨獣』第10話 みるみるうちに変貌するメザミの姿

『アルスの巨獣』第9話 恐るべき爆発と破壊をもたらす、クウミと実験体の戦い

→『アルスの巨獣』の記事を探す

→2023年1月アニメ新番組特設ページ