MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『僕のヒーローアカデミア』第6期第12話 エンデヴァーと轟に対し衝撃の事実を告白する荼毘

好評放送中のTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第6期。
その第12話の場面カットが届きました。

僕のヒーローアカデミア

●第6期第12話(通算125話)「一縷の希望たち」
荼毘がエンデヴァーと轟に対し衝撃の事実を告白する。彼の正体は、轟家の長男で、事故で死んだと思われていた轟燈矢だった。No.1ヒーローの息子が敵<ヴィラン>だという事実は日本国民の心を揺るがせる。

僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア

愕然とするエンデヴァーに向かって、燈矢が蒼い炎を放とうとしたその時、死んだはずのベストジーニストが空から現れ、「ファイバーマスター」の“個性”で荼毘やギガントマキアら敵<ヴィラン>を拘束! ヒーローたちの反撃が始まるが、荼毘の蒼炎は勢いを増し、さらに死柄木の命令によりギガントマキアもその恐るべきパワーで抵抗する。ヒーローvs敵<ヴィラン>全面戦争の決着は果たして……!?

僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア

公式サイト:https://heroaca.com/
公式twitter:@heroaca_anime

©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『僕のヒーローアカデミア』第6期第11話 荼毘とトガ、2人の敵<ヴィラン>の秘めたるものとは?

『僕のヒーローアカデミア』第6期第10話 仲間を傷つけた死柄木に対し、怒りを爆発させるデク

→『僕のヒーローアカデミア』の記事を探す

→2022年10月アニメ新番組特設ページ