MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『シャドウバースF』第18話 イツキが遭遇したデモニアの持ち主、邪星リョウガ

好評放送中のTVアニメ『シャドウバースF(フレイム)』。
その第18話の場面カットが届きました。

シャドウバースF

●第18話「俺のリズムは悪魔の心音」
シナリオ:赤尾でこ、磯崎輪太郎
絵コンテ:真菜 陽
演出:徐 恵眞
総作画監督:中野圭哉
作画監督:廣澤治嘉、平山 円、山村俊了、竹上貴雄

シャドウバースF

持ち主のいないデジフレ・デモニアに遭遇したイツキ。どこか怯えた様子のデモニアだったが、イツキが優しく触れると少しずつ心を開くようになる。イツキはデモニアのために持ち主探しをすることにしたものの、「もしかしたらデモニアは持ち主に捨てられてしまったのかもしれない」と思い、その表情は次第に曇っていく。そして、ついにその持ち主・邪星リョウガに出会うのだが……。

シャドウバースF

シャドウバースF

一方、シャドバカレッジではレンがツバサを探していた。レンの前に現れたジェントルマンは、なぜ馴れ合いをよしとしないツバサに固執するのかを問いかける。しかし、あまりに無邪気なレンに振り回され、さらにジェントルマンの意外な弱点が明らかになって……!?

シャドウバースF

シャドウバースF

●新キャラクター・邪星リョウガは逢坂良太さんが担当
・邪星リョウガ CV:逢坂良太

シャドウバースF

逢坂良太さんコメント
邪星リョウガ、そしてデモニアを演じさせていただきます、逢坂良太です。
ようやく出番だ!と台本をいただいたときに、デモニアという役で名前が書かれていて、こんな役受けたかな?と動揺しながら現場に行ったら、事の説明をしていただいて、ぶっつけ本番みたいな感じでデモニアを演じました。
リョウガは見た目は擦れていて如何にも悪役感が強いですが、シャドバがかなり好きで、誰にも負けたくないと思っているからこそ、相手に対して少し威圧的な言葉や態度をとってしまう、実は熱いキャラクターになっています。後々色々な顔を見せてくれるんじゃないかなと思っていますので、リョウガとデモニアの行方もぜひ見届けてもらえればうれしいです。

公式サイト:https://anime.shadowverse.jp/
公式Twitter:@shadowverse_anm

© アニメ「シャドウバースF」製作委員会・テレビ東京

●次の記事もオススメ ——————
『シャドウバースF』第17話 なぜシャドバを諦めてしまったのかを語り出すスバル

『シャドウバースF』第16話 不審な男に声をかけられている少女を助けるスバル

→『シャドウバース』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ