MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『魔法使い黎明期』第9話 セービルの父である魔術師“十三番”について語り始めるゼロ

好評放送中のTVアニメ『魔法使い黎明期』。
その第9話の場面カットが届きました。

魔法使い黎明期

●第9話「投げ込まれた石」
記憶を取り戻したセービルだったが、いまだに“誰かを好きになる”という気持ちが分からずにいた。しかし、ホルトから“好き”という感覚を教えられたセービル。「僕はロス先生のことが好きなのかもしれない」と自分の気持ちと向き合い始めた。

魔法使い黎明期

魔法使い黎明期

そんな中、ゼロは自身の兄であり、セービルの父である魔術師“十三番”について語り始める……。

魔法使い黎明期

魔法使い黎明期

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/anime/reimeiki/
公式Twitter:@reimeiki_pr

©虎走かける・講談社/魔法使い黎明期製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『魔法使い黎明期』第8話 改めて魔法使いを目指す決意を固めるセービル

『魔法使い黎明期』第7話 自分の進むべき道について思い悩むセービル

→『魔法使い黎明期』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ