MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『魔法使い黎明期』第7話 自分の進むべき道について思い悩むセービル

好評放送中のTVアニメ『魔法使い黎明期』。
その第7話の場面カットが届きました。

魔法使い黎明期

●第7話「僕には何も救えない」
魔法を仲間に当ててしまったホルトと、魔力切れで倒れてしまったクドー。落ち込む2人はさらなる成長のためゼロに相談しに向かう。しかし、あくまで魔力屋として振るまうセービルは、ゼロに「魔法使いを目指す気がないなら、君がこの村で学ぶことは何もない」と厳しい言葉をかけられてしまう。

魔法使い黎明期

魔法使い黎明期

自分の進むべき道について思い悩むセービルだったが、ライオスと出かけた森で危機に直面することになり……!?

魔法使い黎明期

魔法使い黎明期

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/anime/reimeiki/
公式Twitter:@reimeiki_pr

©虎走かける・講談社/魔法使い黎明期製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『魔法使い黎明期』第6話 ゼロの指導の下、特別実習をスタートさせる3人

『魔法使い黎明期』第5話 特別実習に仕組まれたさらなる真実

→『魔法使い黎明期』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ