MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『薔薇王の葬列』第16話 自らの忠誠が誰のためのものなのか悩むケイツビー

好評放送中のTVアニメ『薔薇王の葬列』。
その第16話の場面カットが届きました。

薔薇王の葬列

●第16話「The devil has the devil’s way.」
脚本:内田裕基
絵コンテ・演出:羽迫 凱
総作画監督:小森 篤、谷川亮介
作画監督:都築裕佳子、中山由美、小川浩司、彭 佩琦、岡 郁美

薔薇王の葬列

王座を手に入れるためリチャードとバッキンガムは多数派工作に乗り出す。その状況の中、ヘイスティングスの従者でありながら、リチャードを守ろうとしてきたケイツビーは苦しむ。自らの忠誠は誰のためのものなのか。

薔薇王の葬列

薔薇王の葬列

その頃、ヘイスティングスと王太后・エリザベスはエドワード五世のための礼拝式を計画していた。礼拝式が行われればエリザベスの権力の強さが知らしめられる。リチャードは徐々に劣勢に追い込まれる。

薔薇王の葬列

薔薇王の葬列

公式サイト:https://baraou-anime.com/
公式Twitter:@baraou_anime

©菅野文(秋田書店)/薔薇王の葬列製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『薔薇王の葬列』第15話 幼い王太子を王に立て摂政になろうとするアンソニー

『薔薇王の葬列』第14話 リチャードとバッキンガムが練り上げた計略

→『薔薇王の葬列』の記事を探す

→2022年1月アニメ新番組特設ページ