MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『恋は世界征服のあとで』3王女(長谷川育美さん&花澤香菜さん&金元寿子さん)インタビュー公開

4月8日より放送開始予定のTVアニメ『恋は世界征服のあとで』。悪の組織・秘密結社ゲッコーの「王女シリーズ」と呼ばれる禍原デス美(死神王女)役の長谷川育美さん、魔島忌々(魔獣王女)役の花澤香菜さん、黒百合凶子(鋼鉄王女)役の金元寿子さんのオフィシャルインタビューが届きました。

恋は世界征服のあとで

――長谷川育美さん演じる禍原デス美/死神王女、花澤香菜さん演じる魔島忌々/魔獣王女、金元寿子さん演じる黒百合凶子/鋼鉄王女は、「王女シリーズ」と呼ばれる悪の組織・秘密結社ゲッコーの戦闘員です。まずは、三人のキャラクターの印象を教えてください。

長谷川育美さん:不動と付き合う以前の、ゲッコーの戦闘員としての死神王女は、凛として、堂々とした印象があって。圧倒的な強さがあるように見せなきゃいけないだろうと、そこは意識して演じています。ただ、付き合い始めて以降は、ゲッコーの人たちとテンションの差がすごく表れていて、その温度差がおもしろいんです。例えば、魔獣はすごくやる気にあふれた向上心があるキャラクターなんですけど、デス美は地位とか出世にはまったく興味がない感じとか(笑)。ゲッコーの方たちといるときのデス美の言動や表情は、不動といるときとはまた違う魅力があると思います。

恋は世界征服のあとで

花澤香菜さん:忌々ちゃんは常に何かにイライラしていて、ずっと怒っている人(笑)。ツッコミ気質で、大声を張り上げることが多いです。そういう怒りの感情って自分自身もパワーを消費するから、私は普段、あんまりイライラしないで過ごすタイプなんですよ。なので、忌々ちゃんを演じるときは、自分にない感情を引き出すために、過去の嫌だったこととか、ありとあらゆるイライラを持ってきてアフレコに臨んでいます。この現場でぶつけるために、日ごろのイライラをストックしておいたり(笑)。そういう意味では、この作品のアフレコは私にとってめちゃくちゃ新鮮ですね。そして、一方で、忌々ちゃんには、ちょっとつつかれると弱いというかわいらしい面もあるので、そのギャップも素敵だなと思っています。

恋は世界征服のあとで

金元寿子さん:凶子は外見的にも真面目な雰囲気で、第一印象だと三人の中では優等生的な感じなのかなと思うんですが、実はものすごくマイペースなところがある子です。意図的にボケているわけじゃないかもしれないんですけども、場の空気を読まずに変なこと言ったり、真面目な顔をしながらふざけていたり。そうすると、魔獣王女がちゃんと突っ込んでくれるので、ありがたいです。

恋は世界征服のあとで

花澤さん:鋼鉄って変なことを言っていても、素なのか、ふざけてるのか、わからないですよね(笑)。

金元さん:それくらいフラットな調子でおもしろいワードを言うんですよね。きっと、この三人の関係性があるからこそなんじゃないかなって感じるんですよ。私も、アフレコで香菜ちゃんがものすごい熱量でツッコんでくれるので、安心感が半端なくて。凶子も、三人でいつも一緒に過ごしていて、何を言ってもちゃんと拾ってくれると思っているからこそ、ここまでマイペースでいられるんじゃないかなと思っています。

花澤さん:確かに、王女シリーズの三人ってトリオ感があるよね。

長谷川さん:デス美も凶子も天然だから、忌々は忙しいですよね(笑)。

花澤さん:『恋せか』はアフレコしていると気づいたら声が枯れていた、ということがよくあるんですよ(笑)。こんなにツッコむことってなかなかないので、演じていておもしろいです。

――長谷川さんは、相川不動/レッドジェラート役の小林裕介さんとの対談で「デス美のかわいさは自分の引き出しにないから、演じるときは自分を消すことを意識している」とおっしゃっていましたね。花澤さん、金元さんは役と自分とで似ていると思う点、似ていないと思う点はありますか?

花澤さん:さっき「普段はあんまりイライラしないで過ごすタイプ」と言いましたけど、口では言い返さないものの脳内で「うわー!!」って言い返している、みたいなことはあったりするんです(笑)。だから、そういう部分は忌々ちゃんに共感するものがあるかもしれません。

長谷川さん:表には出さず、胸に秘めているんですね。

花澤さん:そうそう。……って、こう言うと、ずっとキレてる人みたい(笑)。でも、忌々ちゃんみたいに、自分の気持ちを言葉にしてちゃんと人に言えるのはいいなと思います。

金元さん:私も、凶子みたいに「マイペースだね」って人から言われることが多いので、似ていると思います。凶子を演じるときも、自分とは違うタイプだと思うこともなく、自分そのままでやっているところがありますね。ありのままでアフレコをやって、ありのままで帰っていくという感じです。

花澤さん:確かに、ひーちゃん(金元さん)もよく真顔でおもしろいこと言うよね(笑)。

恋は世界征服のあとで

――では、王女シリーズのチームとしての魅力はどんなところにあると思いますか?

長谷川さん:よく見ると全然噛み合っていないところがすごくおもしろいなって思います。デス美はデス美で突っ走っているし、鋼鉄は鋼鉄でずっとブレないし。魔獣がそこの穴を埋めてくれる存在だな、と。

花澤さん:一番不良っぽいのに、一番場をなんとかコントロールしようとしているよね。

長谷川さん:三人でいるときは、魔獣がひたすら仕事しているなって思います(笑)。魔獣がいなかったら、デス美と鋼鉄は絶対しっちゃかめっちゃかになっちゃうと思います。

金元さん:確かに! 唯一ちゃんとコミュニケーションをとろうとしてくれるよね。

花澤さん:でも、こんなにがんばっているのに、打てども打てども響かないんだよなぁ……(笑)。

長谷川さん:(笑)。私はお二人と一緒に収録できたのは一回だけだったんですが、そのときも花澤さんは叫ぶセリフばっかりで。なんだか、「そんなに叫ばせてしまってすみません……!」という気持ちでした。

金元さん:そうなんですよね。もう、香菜ちゃんと魔獣には感謝しかないです。

花澤さん:現場の中で、私がダントツでエネルギーを使っているなと思っていました(笑)。ただ、魔獣はすごく二人に憧れがあるんだと思います。それゆえのイラ立ちみたいなものも乗っかっているからこその、あのツッコミなんじゃないかな?

恋は世界征服のあとで

――続いて、男性キャラクターの中で、皆さんが気になっている人、素敵だと思う人を教えてください。

長谷川さん:デス美を演じる身としてはやっぱり不動です。自分の気持ちにまっすぐで、正面からデス美にぶつかって来てくれて。すごく好きなキャラクターです。……ただ、キャラクターとしてはめちゃくちゃ好きなんですけど、リアルで考えると、私はついていけないかもな……なんて思ってしまいます。不動は趣味が筋トレだから、めちゃくちゃ筋肉の話をされそうじゃないですか(笑)。それはちょっとしんどいな、と。やっぱり、彼はデス美だからこそ付き合える存在だと思います!

花澤さん:私は、ゲッコー大総統のボスラーが好きだな。ボスラーがしゃべると絶対笑っちゃうんですよね(笑)。すごく真面目な説明をしているのに、杉田(智和)さんの声で言われるとなんだかおかしさが出てくるといいますか。熱量もすごいし、茶目っ気もあって、ずっとしゃべっていてほしいなって思います。そんなボスラーに負けないデス美もいいですね。

金元さん:私は、ゲッコー幹部のカルバリンベアさんです。動物になっている幹部の方たちも元は人間だったはずなので、彼らがもともとどんな人だったのか、なんでその動物を選んだのかがすごく気になります。ゲッコーは悪の組織ですけど、みんないい人っぽいオーラがにじみ出ていて、もっと詳しく知りたくなっちゃいますね。

花澤さん:ベアさんは絶対にいい人だよね!

金元さん:そうなんです、こういう人が身近にいたらいいなって思います(笑)。

恋は世界征服のあとで

花澤さん:あと、ゲッコー幹部の方々は本当にみなさん、素敵な声の方たちがキャスティングされていて。アフレコでは、私とひーちゃん、ゲッコー側のキャストさんどなたかと三人で一緒に録ることが多くて、ボスラーやカルバリンベア(役の安元洋貴さん)、あとはまだお名前は出せないのですが、マッチロックイーグルも一緒になったことがあったんですが、すごく耳が気持ちよかったです(笑)。

長谷川さん:ジェラート5側もみんないいキャラですよね。轟大吾/グリーンジェラートはクールで、料理男子で、めちゃくちゃかっこいいなと思います。すごくおいしそうな夜食を作っていたりして。ただ、デス美が絡むとめちゃくちゃ不憫でかわいそうなことになっちゃうんですけど(笑)。

――さて、皆さんがもし王女シリーズに仲間入りするとしたら、「何王女」になると思いますか?

花澤さん:なんだろう? 私はこの作品ではずっと怒ってばかりだったから、「キレ王女」とかがいいな!

長谷川さん:えぇ!?(笑) 私、人生初のアニメの現場が、花澤さんが主演をやられている作品で、ご挨拶させてもらったときに、もう透明感が半端じゃなくて、「異次元だ!」と思ったんです。「本当に同じ次元に存在してるのかな!?」って思っちゃうくらいの衝撃で、それがすごく印象に残っているんです。だから、私にとって花澤さんは、異次元の透明感を持っている「異次元王女」って感じです。

花澤さん:めちゃくちゃヤバそうな王女!(笑)

金元さん:私は、香菜ちゃんは一言で表せない魅力がいっぱいありすぎる方だと思っていて。香菜ちゃんと一緒の現場に入ると、もっとお話を聞いていたいとか、もっといっぱいおしゃべりしたい、もっと知りたいと、すごく私の欲が出てしまうんです。「香菜ちゃんと掛け合いができてる! うれしい! でももっとやりたーい!」って(笑)。だから、香菜ちゃんは「私の欲引き出し王女」だと思いますね。

恋は世界征服のあとで

花澤さん:二人ともありがとう! すごくうれしい……けど、どちらもすごい名前だね(笑)。私的には、ひーちゃんは「スマート王女」ですね。お芝居も含めて、何をやるにもきめ細やかというか、無駄がない人だなってすごく感じていて。センスもあるんだろうし、努力で補われてるところもめちゃくちゃあるだろうなって、いつも思っています。

金元さん:うれしいです。そんなふうに言われたの、初めてかも。

花澤さん:本当? いやいや、きっとみんなそう思ってるはず!

長谷川さん:私、普段はあまり先輩に前のめりで話しかけに行くタイプではなくて、ちょっと引いちゃうタイプなんです。けど、ひーさんは初めてご一緒したときから仲良くしてくださって。“受け入れてくれる空気感”みたいなものが感じられて、お話されるゆったりとしたテンポ感もすごく素敵で……後輩なのにこの言い方はちょっと変かもしれないですけど、癒される感じといいますか。だから、ひーさんは「癒し王女」だと思います。

花澤さん:あー! 確かに、「癒し王女」ってすごくわかる!

金元さん:ありがとうございます。長谷川ちゃんとは以前一緒の作品でがっつり絡んだことがありましたけど、私もそのとき「最初から壁がなく接してくれて、めちゃくちゃ話しやすいな」って思っていたんです。だから、私にとっての長谷川ちゃんは「接しやす王女」ですね。それか、いてくれると私が楽しくなるから、「楽しい王女」かも(笑)。

花澤さん:『恋せか』では長谷川ちゃんとあまり一緒にアフレコすることができなかったんですが、スタジオの待合室とかでは顔を合わせていて。待合室は次のアフレコを待つ人や、ちょうどアフレコが終わってブースから出てきた人がすれ違うところなんですが、長谷川ちゃんはいつもみんなの中に溶け込んでいたのが印象に残っているんです。誰とでもすごく自然と会話できるのがすごいな、って。そういう空気感を作ってくれるのがうれしかったんですよ。だから、長谷川ちゃんは「溶けこみ王女」……あ、「忍び王女」かな?

長谷川さん:忍者みたいですね(笑)。すごくうれしいです、ありがとうございます!

恋は世界征服のあとで

――ありがとうございました。それでは最後に、読者へメッセージを。

花澤さん:今こうしてしゃべっていても語り足りないくらい、それぞれのキャラクターがめちゃくちゃ濃くて、愛すべき子たちがいっぱいいる作品だと感じています。その子たちが掛け合いをしているだけで楽しいんですけど、物語の展開がどう転んでいくのかがあまり読めないおもしろさもあって。台本を読んで、「こうなるの⁉」と思わず笑っちゃう展開の連続でした。皆さんもぜひ、毎話楽しみに観ていただけたらと思います。

金元さん:原作を読んでいるときも思わずクスクスと笑ってしまうくらいおもしろくて、それをアニメでどう表現するのか気になっていました。どのキャラクターも個性的で、それぞれがパワーを持っているので、みんなが集まったときにすごく熱い30分間になるだろうと思います。不動とデス美がお互い敵対しているという設定も皆さんのツボに入っていくんじゃないかなと思いますので、それも含めてぜひ楽しみにしてくれたらうれしいです。

長谷川さん:作品的にメインになるのはデス美と不動の恋ですが、周りのキャラクターも本当に魅力的で。王女シリーズ三人の絡みも、私、すごく大好きなんです。デス美としても、三人でいるときは、死神王女としてではなく、女子会を楽しんでる女の子みたいな感じなので、不動といるときとはまた違う一面を見ていただけるのではないかと思います。それから、この作品にはものすごく豪華な声優さんたちがたくさん参加されています。もともと個性のあるキャラクターたちが、皆さんが素敵に演じられることでいっそう魅力的に仕上がってると思いますので、どのキャラクターにも注目していただけると幸いです。

恋は世界征服のあとで

●『恋は世界征服のあとで』放送直前PVが公開
エンディング主題歌・DIALOGUE+「恋は世界定理と共に」にのせ、新規カットを含んだ最新映像のPVが公開されました。

公式サイト:https://koiseka-anime.com/
公式Twitter:@koiseka_anime

©野田宏・若松卓宏・講談社/恋せか製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『恋は世界征服のあとで』第1話 戦隊リーダーと悪の組織の死神王女の恋

『恋は世界征服のあとで』TVアニメ化! 胸キュン必至の戦隊ラブコメ!

→『恋は世界征服のあとで』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ