MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』全世界興収10億ドル突破

全米で2週連続No.1となった、シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。
本作の全世界累計興行収入が、コロナ禍で初となる10億ドル(約1202億円)を突破しました。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

12月17日から全米で公開された本作は、公開週末3日間で興行収入2億6013万ドル(約297億円)を記録し、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜いて全米におけるオープニング興行成績歴代2位となりました。

公開2週目の週末3日間(12月24日~26日)の興行収入は8150万ドル(約93億円)で全米2週連続No.1を達成。全米では累計興行収入4億6733万1855ドル(約533億円)となっています。

さらに、12月26日(日)までの全米以外の海外では、累計興行収入5億8710万ドル(約669億円)を記録し、全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は10億5443万1855ドル(約1202億円)となりました。この成績は、2021年における全世界興行収入No.1で、コロナ禍で全世界累計興行収入が10億ドルを突破した初となります(※12月27日付Box Office MojoおよびDeadlineおよびVariety調べ、1ドル=114円換算、12月27日現在)

日本では来週1月7日より全国公開です。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
2022年1月7日(金)全国ロードショー
公式Twitter:@spidermanfilmjp

©2021 CTMG. © & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

●次の記事もオススメ ——————
時空を超えて襲い来るヴィランたち『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告第3弾

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』2022年1月7日公開決定!

→『スパイダーマン』の記事を探す