MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

映画『シン・ウルトラマン』光線技を放つウルトラマンの映像が解禁

このステージで2022年5月13日に公開されることが明かされた映画『シン・ウルトラマン』。
このステージでは主演の斎藤工さんと樋口真嗣監督が登壇しました。

シン・ウルトラマン

「完成しているのに公開できない映画という枠に入れられているけどそれは大きな誤解です」という樋口監督。現在絶賛制作中で「やってもやっても終わらない」とぼやきつつも、公開日が発表されたことで「この日までにやれ!と突きつけられた感じ」とコメント。

シン・ウルトラマン

これまで「ウルトラマンになる男」とされてきた斎藤さんはこのステージで「神永新二」という役名が披露され、「やっと「ウルトラマンになる男」から名前を名乗れるようになった」と笑顔に。今回初解禁された特報映像では「18秒は短いなと思いましたが、様々なヒントをひもといてくれる人もいるんじゃないか?」と感想を述べました。

シン・ウルトラマン

さらにこのステージでは初代ウルトラマンのスーツアクターを務めた古谷敏さんが登場。ウルトラマンのスペシウム光線はスタッフと話しながら作ったポーズで、「詳しく話し出すと何時間もかかってしまう」と笑いを誘います。

シン・ウルトラマン

最後に斎藤さんは「俳優部としてはもう制作に関われることはないんですけど、この作品はクランクアップして終わりではなく、共存し続けている感覚があります。初代ウルトラマンを創造してくださった方々への大いなるリスペクトを込めた現場でしたし、いまの時代に必要な作品になると思います。来年5月にお届けできるのが光栄です」と語り、樋口監督は「お待たせしている甲斐のある作品になっています。古谷さんの素晴らしいお仕事を見て育ってきた以上、次の世代に同じようにつないでいきたいと思っています」と抱負を語り、「TSUBURAYA CONVENTION」スペシャルプログラムを締めくくりました。

『シン・ウルトラマン』
5月13日(金)公開
公式Twitter:@shin_ultraman

©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ

●次の記事もオススメ ——————
アニメ『GRIDMAN×DYNAZENON』&『KAIJU DECODE 怪獣デコード』ステージ

映画『ウルトラマントリガー エピソードZ』は配信&劇場公開が決定

→『ウルトラマン』の記事を探す