MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『終末のワルキューレ』第11話 叩き折られ愛刀“備前長光三尺余寸”

好評放送中のTVアニメ『終末のワルキューレ』。
その第11話の場面カットが届きました。

終末のワルキューレ

●第11話「燕が見た深淵」
脚本:筆安一幸
絵コンテ:於地紘仁
演出:於地紘仁

・副音声出演キャスト
諏訪部順一さん(ヘルメス役)
田所陽向さん(アレス役)

終末のワルキューレ

諦めず反撃を繰り出す小次郎だったが、ポセイドンの一撃により小次郎の刀“備前長光三尺余寸”は叩き折られてしまう。

終末のワルキューレ

終末のワルキューレ

だが、戦乙女〈ワルキューレ〉フリストの能力により、折れた刀は二刀へと生まれ変わる。
人類最強の敗者(ルーザー)であり続けた小次郎は、新たなる武器を手に、さらなる奥義へと覚醒する。

終末のワルキューレ

終末のワルキューレ

公式サイト:https://ragnarok-official.com
公式Twitter:@ragnarok_PR

©アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『終末のワルキューレ』第10話 神速の「燕返し」に嘲笑を浮かべるポセイドン

『終末のワルキューレ』第9話 海神・ポセイドンの対戦相手は佐々木小次郎

→『終末のワルキューレ』の記事を探す

→2021年10月アニメ新番組特設ページ